人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

バイト!

いきなり!

ブルーテグー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



レッドテグー!
クリックすると元のサイズで表示します


大好きなテグーが両方見れただけでも嬉しいのに
釣っちゃいました!(けっこう生息地おんなじなんだね- 。意外。)



フックアップした瞬間にありえないスピードとパワーで一気に走ります。
それが無理だとわかると今度はデスロール!
それも無理だとわかると最後の手段はシャーシャー鳴いて威嚇。w

いたずらってわかっているけど、野生の警戒心の強い爬虫類にルアーを食わすには間合やらアクションなどの完ぺきなタイミングが要求されるので、つい、挑戦してしまうんだよねー。



しかし、釣りばっかりはしてられない。
今日は仕入れ!

ドラードのサシミはこちらでは高級料理として人気。
なんと、味はさっぱりとした上品なサーモンという感じ。意外でしょ?
大昔にサケと別れたのかな?でも顔はダンクレオステウス。W
クリックすると元のサイズで表示します


上と下がタンバキーで真ん中がタンバクー。わかる?
クリックすると元のサイズで表示します

いいピンタードが水揚げされたので仕入れ。
レストランの仕入れはこのクラスで1匹約1万円五千円。
俺の夢はこいつの倍クラス。

パラグアイピンタード。

クリックすると元のサイズで表示します
カッシャーラ、スルビン、カパラリ
数あるシャベルーノーズの中でもピンタードだけは別格。
別格のでかさなのだ。俺が南米に来て最も驚いたことのひとつだ。

大型魚マニアでもほとんどの人がこいつが別格のモンスターだということは知らないだろう。
しかも、サンフランシスコ水系とパラグアイ水系の2種がいる。
どちらがモンスターかは、過去のボンバダを読むべし。

俺がこんなこと書くと、また日本中で探す人が出てくるんだろうなw

3匹買って今から調理!
クリックすると元のサイズで表示します


今日のまかない。
男は喰って喰って喰いまくり、
釣って釣って釣りまくるだ!!(色んな意味でw)
クリックすると元のサイズで表示します

草食系男子が日本はモテる? はははっ、終わってるな!
クリックすると元のサイズで表示します



いつもいい釣りになっている時はネット環境にいないからちゃんと更新できないんだよねー。

つまり、今はいい魚釣ってないってこと。w

日本人に向けてブログ書くと、なんかでっかい魚釣らなきゃならないような義務感に囚われて旅自体、釣り自体が面白くなくなっていく傾向になるので注意しなければならない。
自分のためにやってんだから。


ブラジルはけっこう魚の大小のみで釣りの優劣をつけない。

日本人が思っているほどの小さい釣り文化ではない。


楽しく釣る。

これがもっとも重要なことなのだ。

自分にもよく言い聞かせて今からバイト!w
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:セッキー
コモドドラゴンみたいに唾液に強烈な細菌とかがいて、噛まれると腎不全やら肝不全やら壊疽やらなったりしないんでしょうか!?爬虫類は苦手ではないけど、これはばったり出会っちゃったら逃げたくなる見た目ですね〜、かなり怖いですよ。
投稿者:おおはし
トカゲ〜
あんまり良くわかってないんですが
テグーってモニターなんかの仲間?かと
パッと見思ってましたが、写真見ると
ドデカいトカゲって感じですね(^^;

ドラードの刺身〜食べてみたい。
北米で拡散したサケ目。
南米はカラシン目。
でも脂鰭はナマズにもあるんですよね〜
太古の昔では繋がっているのでしょうけど
ドラードは外観がシャケっぽいけど
やはり鱗の感じとかヒレの感じがカラシン
ですね。
(なんだか意味不明の感想スミマセン(^^;

ピンタードでけ〜〜〜
(&高け〜〜〜)

TERUさんが楽しんでる感。
伝わってると思いますよ(^^


http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:nS2001
凄いなぁ〜!
トカゲって釣れるんですね!?(@@)
正に恐竜ですね〜〜〜!カッコイイ!!
釣って釣って釣りまくって下さい!
そしてまた素晴らしい魚(特にパクーw)を見せて下さい!!
応援してま〜〜〜す\( ̄0 ̄)/

http://blogs.yahoo.co.jp/ns2001_japan
投稿者:バスウ
ゴルフでも、“どうだった?”と聞くと
日本人はスコアを答え、外国人は景色やコースの状態を話すと聞いたことがあります。
今日のまかないはスペアリブでしょうか? うまそ〜〜〜
AutoPage最新お知らせ