人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

今日も釣り。

南米旅と言えば危険というイメージが強い。
治安、ジャングル、蟲、鰐・・・。
しかし、実際はそれほどではありません。

一つ重要なことを守れば。
それは現地に“溶け込む”ことです。
僕的なキーワードは「WILD。」
日本人旅行者を観光名所でたまに見かけますが、
僕の目から見れば完全に野に放たれた「温室育ちの無菌培養された野菜」のようです。
襲ってくれと言わんばかりの青白い顔で奇声をあげてキョロキョロカメラ持って群がっています。
日本のアイデインティティを保つのも大事なことですが、
いらないトラブルを避けることも大事なのではと思ってしまいます。

しかし、そんなこと言う私もえらそうなことは言えません。

釣りだけでなく、私は夜も遊び好きな「悪い男。」
独身で健康な男なので咎める理由は何もありません。
野宿をして節約してでも街では「遊び」に使いたい困った旅人です。
「興味あるものはとことんいったる。」
が僕の生きる指標なので、
釣り以上にどんどん深部へ入り込んでいってしまいます。
深夜2時だろうが欲望にまかせてスラムを歩いていたりします。
前を歩いてる人が僕を泥棒と勘違いして小走りで走り去る姿を見たとき、びっくりすると同時に受け入れられた感というか一体になれた感というか少しうれしい感覚がありました。

何も持ってないものは強い。
この汚い貧乏くさい何人かわからん格好が僕のアーマードスーツなのです。

バス停の物売りなどあまり相手にしたくない人に
街で声をかけられると
「ああ、俺ポルトガル語話せないから。」
とそっけなく言うと、
「ああ、仕方ない。言葉はスペイン語だもんな。ボリビアーノ?いや、ちがったごめん、ペルアーノ?」
と普通に言われてしまう始末。
ここまで本気で言われるとちょっとショックなのですが・・。
って何を言ってるんでしょうか。




ごほんっ、話を戻します。
しかし、ノルチ(北部)ブラジルで大変危険なものがあります。
それは毒蛇であり、毎年大勢の犠牲者が出ます。

釣行記を読み返して頂ければサンフランシスコ河編で書いてありますが、釣り人が出会う危険性がかなり高い。
季節によってはジャララッカやスルククなど最強毒蛇が水辺にいます。
クリックすると元のサイズで表示します
血清キット。2週間前にもこれで命拾いした人がいるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

じゃあ、これ持って今日も楽しく行きますか!



今日も河は元気!ボンバダ!
クリックすると元のサイズで表示します

なんてきれいな瞳をしているんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

大きくならないタラちゃん(ストライプホーリー)にしてはこれはなかなか大きいね。
前に出し過ぎてせっかくいいサイズなのによく大きさわからん。反省。
なんしかイエイ!
クリックすると元のサイズで表示します


パンタナル水系のこの種のピラニア(ダイヤモンドイエロー)やタライーラがここにもいるということはやっぱりここはパンタナルに生態系が近いのかも。
クリックすると元のサイズで表示します


これの違いがわかる人はイケてますね〜。
クリックすると元のサイズで表示します


現地名ジャグンダ。
パイクシクリッドにあまり縁のないというかこんだけアマゾン支流を周っているのに
あんまりたくさんの種をゲットしていないんですよね〜。
夕日に映えるジャグンダきれいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します


ピーコックと言えども捕食者の位置でとどまっていられないこの生態系がアマゾンなんですね。
弱肉強食のピラミッドがここでは丸い形をしています。
クリックすると元のサイズで表示します


カトウさんはあまり普段は釣りしないらしい。
自分の土地に琵琶湖の南湖ぐらいの池持ってるのに。
鮨屋の息子が鮨を喰わないのとおんなじみたいなもん?
クリックすると元のサイズで表示します

セルジオさんは相変わらずの釣り好き。日本に出稼ぎに来ていたことがあって
休みの日はいつもひとりでルアーのヒラメ釣りに行ってたほど。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに豊穣な世界で釣り出来るのは幸せだな〜。
セルジオさん、カトウさんありがとう。

夢のような世界って多分こんなのだ。

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:セッキー
まさに夢の国ですね。でも確実に存在していて行く事ができる。寝てみる夢じゃなくて、自分の頑張り次第で叶えられる夢。素晴らしすぎますよ!あ〜釣りやっててよかった!!
投稿者:TERU
す、すみません。

な、直しました・・。

ご指摘ありがとうございます。
投稿者:オッパー
私も、中国人から始まり香港、韓国、台湾、
越南、挙句にこの前は、モンゴル人と最後まで日本人と言って貰えなかった事があります。嬉しいような?悲しいような?
溶け込む、、、良い表現ですね。
L.Aのダウンタウンで、発砲された時と南米旅のどっちが怖い?
今日の間違い探しー、位地=位置でしょう?
AutoPage最新お知らせ