人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

T.Dペンシル。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは地理的にもアマゾンというよりはパンタナルに近い。
ブラジルとボリビア国境の河と言うよりは湿地帯だ。
カトウさんの私有地であるので漁師もいなく、誰も魚や鰐を獲ったりはしない。
南米では絶滅寸前と言われている巨大なクロカイマンも無数にいるしここには手付かずの自然が残されている。

ピーコックも小型種のピッタンガもしくはアマレロだが湧くようにいてる。
水の透明度もかなり高く、ルアーにメラメラ後ろから湧いてくる。
ただ、バスと違うのが思いきりの良さだ。
隙あらば後方から若い個体が凄いスピードで追い抜いて飛びついてくる。

日本の釣り師がどれだけAMAZONのピーコに興味があって知識があるのかよくわからんのですが、
ピーコックバスは20種以上はいるが“釣り”で言えば大きく分けて2種。
ほんとうにざっくり大きく分けて大型種グループと小型種グループは釣法も効くルアーも全く違ってくる。
熱帯魚寄りで言えば幼魚期の時の色がテメンかモノかってこと。


地域によっても違う。奥アマゾンなどはアメリカン、ブラジリアンルアーの独壇場だ。日本製で言えば海用だ。怪物具合が違う。

しかし、ここのような透明度が高くて小型種が生息するはぐれアマゾン地域で効くルアーはリアルで小さなミノーやペンシル。
タックルもミディアムライトで日本のバスフィッシングとなんら変わりない。
ピーコックはすこぶる頭と目が良く、下手に引けば2,3投ですぐに見破られてしまう。手付かずの大自然でも一瞬でスレるのだ。

こういう場所では日本製のミノーは秀逸。
何に出会うかわからない世界の釣り旅に自分が必ず忍ばしているリアルカラーのメガバスビジョン110、95とプロップダータ。もちろん針は強化。
これには絶対の自信があったのだが、なぜかカトウさんとセルジオさんはダイワのT.Dペンシルを持っていた。何故?

そこで、釣り勝負。
30分でどれだけ釣れるか。

結果はというと・・。
俺もバコバコ釣り上げるてのだが、明らかにむこうチームのほうがペースが早い。一投ごとに釣ってる感じ。船の上は大狂乱。みんなが同時のトリプルヒットなんてしょっちゅうあった。
楽しすぎたけど、勝負は僅差で負けました。くやしい〜。
ちょうど自分も勘がいいというのかちゃんと持って来ていたのでその後付け替えて釣ってみると、異常に釣れる。
日本のように、チョンチョンチョン、チョチョンのチョンと引けばもう大爆発。このルアーにどんな魔力があるのか肉眼と感触ではわからない。
それががすごいのだ。口の秘密はそんなにデカいのか?と。
あんまり道具のことは書かんのだけどそれぐらいすごかったってこと。
釣りブログって辛いわ。秘密を書かにゃならんからね。
しっかしチームダイワはあなどれませんな〜。ホントに。

それから後、数々の爆釣を経験したので俺の中でT.Dペンシル全サイズは旅の超一軍になっています。
たはっ。


ちょっと弱ってから撮るので少々ヤラせ気味。(笑)

カメラを置き速攻俺も釣る。
クリックすると元のサイズで表示します
カトウさんにキタ♂と俺にキタ♀。

もう入れ食いやわ。(笑)





あいや。またタラちゃん。


もうやめてよ〜。

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:オッパー
カトウさんのお顔が、まさに「頼まれましたー」という感じですねー。緊張感を引き出すミュージックの割には、”アレ?”てな感じで、動画演出はまだまだヒヨコですな!!
私個人の意見ですが、ピーコの目はともかく、頭は「すこぶる」?お馬鹿だと思いますよ!!
えっ、もうやめてよーてか?まだまだ夜は、これからですよ!!懐かし!!
投稿者:さすらいの賭博士
ちなみに愛用ルアーは昔のダイワのバスハンター二十年前のルアーです´▽`
投稿者:さすらいの賭博士
久しぶりに琵琶湖にバス行ってきたけど釣れてもあんまり楽しくないな〜 Amazonのピーコックみたいにドキドキとワクワク感じてみたいな〜 はぁ〜アマゾン行きてぇ〜  
投稿者:kee
ピーコックほんとやってみたい!

動画いいけど、音楽入れると安っぽいような。。。

もっと激しいバイトのヤツみたいです!
投稿者:セッキー
いったいどれだけの種類の魚が釣れるんでしょうか?きっと想像もつかない位の魚達が、ルアーやエサに襲い掛かってくるでしょうね!そういった特集してほしいです〜
投稿者:はしもと
動画良いですね〜!
カトウさん?が少し照れているのも素敵です♪♪
いつも楽しませてもらって有難うございます!!
もちろん次の旅も応援してますよ!!
AutoPage最新お知らせ