人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

グアポレのアクアリスト。

釣行記再開〜。

もうどこから書いていないか自分でもわからなくなっていましたけど整理しましょう。

パラグアイ河でバスボートでセルジオさんと釣りしましたね。
その後巨大ワニの画像をUPしましたが、そのワニとツクナレの巣窟グァポレ河に向かっているところから。

まあ、なんでしょう、赤土の直線のアップダウンが延々と続く典型的な風景。
クリックすると元のサイズで表示します

橋が壊れているのは普通です。
クリックすると元のサイズで表示します

これで補修と言えるのだろうか・・。
クリックすると元のサイズで表示します
旅のときは何とも思っていませんが今見ると、足は相当きちゃないですね。(笑)

一日走って目的地に着いた。
ここは日系人ファゼンダ(牧場主)のカトウさんを訪ねて来たのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

長い長い敷地の牧場を抜け大きな家に着くと、
家の前の河でカトウさんらしき人は投網を打っていた。

はあ?なぜファゼンダが投網なんか投げるんだ?
と思っていると、

なんと彼は立派なアクアリストであった。

家の前に泳いでいる魚を飼っているのだ!
クリックすると元のサイズで表示します
とんでもない数のカラシン。
こんなに入れて水が悪くなっていないのが不思議だ。

パクーに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ツクナレに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

赤いハイフェソブリコンもいる・・。
クリックすると元のサイズで表示します

水槽も自作らしい。あっぱれです。
クリックすると元のサイズで表示します

これはある意味南米の田舎では
かなり奇特なことでありびっくりでした。

これってホントの魚好き?
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
カラシンの群れの動きが面白いです。
小さな(って言ってもデカイけど)
大水槽ですね。水草みたいなのが入ってなくて
大中小の魚が混じって飼われてるところが、
個人的に好きな感じです。

http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:Tefe
アマゾンの水は本当に凄いですよね。
大地の恵みと自然界の栄養を含んだ神の水でしょうか。
雨季だとPH上昇し乾季だとPHが低下する水温も水質も違ってきますしね。

私が飼っているディスカスも自然界の中では雨季から乾季に水質が変わる環境になると発情し産卵しますから、
その習性を利用して、繁殖させたい時にはPHと温度を変化させる事によって強制的に発情させ産卵させたりよくします。

カラシン水槽の画像を見るとオーバーフローでもないしエアレーションのみっぽいですがろ過はされてないのでしょうか?川の水を使った神の水パワーなんでしょうか(凄?気になります(笑

家の前で沢山カラシンが取れるなんてうらやましいですよ〜。
水槽も3000くらいありますかね?手作り水槽もすばらしいです!
大量のカラシン水槽みてると昔グッピーをわんさか繁殖してた事を思い出します。(笑

投稿者:セッキー
水自体に命が溢れてるので、こういったことが可能なんでしょうね。
ある意味日本の水もフランス水も似た印象をうけるのですが、アマゾンの水って全く別物の印象を受けたんですよ。
日本・フランスで共通して言えるのは、両方とも地下でろ過されてるって印象で、アマゾンは地表を流れて、そのなかで色々と取り込んだって印象なんです。
いやもちろんコレは私が勝手にそう思ってるだけで、実際にどうかは分かりませんが、一緒に行った友人も「水が日本と全然ちがうな。」って言ってました。
水槽はもの凄い密度ですね・・・。カトウさんという方、遊び心があっていいですね〜。こうやって年取れたら素敵ですね。
願わくば、この豊かさが昔話になりませんように。
AutoPage最新お知らせ