人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

食べるということ。

今日はちょっと日本人が世界に出て受けるカルチャーショックなるもののひとつのお話。

解体されドンっと置かれた頭。

クリックすると元のサイズで表示します

これを見てどういう思いが一番先にはしったでしょう?

みなさんもいつも口にしている牛です。
まあ南米ではとてもおいしいコブ牛という種ですが。


「いただきます。」という言葉。

私は“あなたの命頂きます”と教えられて育ちました。

生物は生物を食べて生きている。

ハンバーグは元からハンバーグなのではない。


命を殺すことを覚えなければ真の意味で命を大事にすることはできない。

私は人間があるべきである姿をこの歳になって色々たくさん学んでいるような気がします。


世界は辛いことも楽しいことも隠したりはしない。



リオ・グァポレのファゼンデイロ(カウボーイ)と話して
背筋がピンとするような言葉を言われたことがあります。



腕を磨くのは安らかに痛みを感じさせずに天国に送ってやるためさ。

クリックすると元のサイズで表示します


まだまだ偽善者ぶっている私は自分が恥ずかしい。




投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
いや〜、皆さんの意見も大変参考になります。

そして、真剣に読んで下さっているのがひしひしと伝わって来ます。

そうです。まず、感じる。もしくは一歩手前の気付くことが大事なのではないでしょうか。

この学歴もなく、むちゃくちゃな生き方をしてきた私のつたない文章に紳士の方々が返信して頂くのは誠にありがたいと思っております。

このボンバダには聡明な読者の方が多く、大変うれしく思っております。


しかし、なにかこう上手く一文にできない。
良いことも「悪いこと」も書きたい。
すごいジレンマがあります。

 
日本ははっきり言って幸せな国です。
安全な国です。

でもなぜなんでしょう?
世界から帰って来たときのこの感じ。

なにか窮屈です。
息苦しい。

闘います。
投稿者:kee
俺はすぐに偽善者になってしまいます。。

そうありたいという願望か、上手く生きる知恵なのか???

良いことであれ、悪いことであれ素直に生きるのは結構難しいですww
投稿者:セッキー
こういった映像、特に何物かによって殺された人間や動物を見て思うのは、動物の場合はあまり苦しそうな表情にみえる映像が少なく感じます。人間の場合には上手く言えないけど、無念?みたいな表情に感じる方が圧倒的に多いです。
今この文章を書いていて思いましたが、片方は命の糧として求められて殺され、もう片方はそうではないからそう感じるのかも知れません。でもこれって単に私のエゴや言い訳でそう感じているように思うだけなのかもしれないです。自分自身が他の動物の糧になるのは嫌ですからね。
深い。深いですよ。
投稿者:Tefe
私は生き物が好きなので"可愛そう"胸が痛む"ってまず思ってしまいます。

でも"可愛そうとか"胸が痛む"感情は、
普段めったに解体を体感しない私達には誰しもそう思う事だろうと思います。

どこかで解体の場と他国の生きていく為の食文化を映像でも本でも体感できればまた違った感情になるかと思います。

私は今でも解体を目にすると"可愛そう"だとか"胸が痛む"とか思ってしまいますが、旅や本や映像で体感、理解した事で自分の理解も変わってきていて、命を頂いて食として頂くに当たって、生きていく為の理解、命に感謝、食べ物を残してはいけない、綺麗に食べる事で感謝を伝える。
という責任感を持つようになりました。
嫌いな物がある時には私は手をつけません。

日本でも赤犬は食べる所がありますが、韓国では今でも赤犬に限らず犬を食べます。
現地の焼肉屋さんでもメニューに載ってました。
日本で普通にペットとして飼っている犬種が
食用として肉となり部位を並べられ、片隅には檻に入れられている。
それを見て普段食べている牛豚などと違った
ショックを受け、自分もまた各国の食文化の知識と理解を成長したと思います。

まずは本でも映像でもいい、食文化の違いや現実を目で体験する事でしょうか。
初めての人はボンバダの画像もその1歩だと思いますね。
いや〜本当にいいサイトですね〜改めて思います。

韓国といえば漢江でバス釣った事あります。(笑
スズキ科のコウライケツギョ天然記念物が見たかったんですが(笑
今は漢江も昔よりは水が綺麗になってきて魚の種類も増えているそうです。



AutoPage最新お知らせ