人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

蒼い悪魔マニュエリ。

鬼ピラニア全制覇記念!

前回の旅で自分が目標とした
南米全土に点在している5種の巨大ピラニア
を制覇した記念に全大型種を一挙公開します!

まずは初めて釣ったこの鬼ピラーニャ!
初アマゾン旅で、ネグロ河本流にていきなり出会いはやって来た!
その時は何の種類かわからなかったのだが、あまりの美しさと、デカいペンシルベイトに猛烈にアタックしてきて度肝を抜かれた思い出の一匹だ。
初めての一匹はやっぱり心に残る。

その名は
マニュエリ。
上流の奥アマゾン地帯に生息する蒼い悪魔だ。
クリックすると元のサイズで表示します
                      〈Serrasalmus manueli〉
こちらはそのBABY。
夜の大ナマズ釣りのエサを釣っているとククンッときた。
クリックすると元のサイズで表示します



コチラはその後の旅、奥地支流のアラカ河で。
この水の色。熱帯魚好きには世界で一番オススメしたい河。周りの野生動物もすごい。ありとあらゆるサルが見れる。
オウムがペアになって群れをなして飛び、ホエザルの恐竜のような声とピーコックバスの捕食爆音がこだまする・・。
クリックすると元のサイズで表示します

奥地に行けば行くほど魚の青と赤が増すネグロの神秘。
ブラックウォーターの奇蹟だ。
クリックすると元のサイズで表示します

このアタックでは毎日ファリーニャの粉とこのマニュエリばかりを食べて生きていた。
クリックすると元のサイズで表示します
脂の強い身をほおばり硬いファリーニャを口に放り込む。
脂を吸ったファリーニャは風味を増し、ほど良い食感になる。
しかし、そればかりでは口は少々飽きてきてしまうのだが、
そこにピメンタと呼ばれる赤や黄色の小さい、ものすごいパンチ力のある唐辛子をちょびりとかじる。
その辛さをまたピラーニャの脂とファリーニャを頬張りおさえるのだ。
冷たく甘いネグロウォーターがきりりと喉を潤す。

一生懸命に食べる。これが野生の食し方。
うまくは書けないがものすごくウマイ。
クリックすると元のサイズで表示します

ネグロは心の河。人類が大事にすべき河。
いろんなものに出会える。
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンの神サマ、なんと言っていいのかわからないけど
心からありがとう。

とりあえず、その@マニュエリ編はこれで☆



投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
幼魚斑があるんですね。
綺麗な色だなぁ。
マニュエリって鰓が柿色ではないんですね。
美味いと聞くといつか是非食べてみたいです。
蒼い悪魔、いい響きです。
投稿者:TERU
さすらいの賭博士さん>意外にボキャブラリーが低いので上手く説明できません。
適切な表現が見つかったりしたらまたその時に・・。
ただ、毎日喰っていると美味くなってくるというこということは間違いありません。海の魚のような濃い味ではありません。しかし、脂は乗っている。難しい・・。


セッキーさん>あなたが一番ヤバいです。(笑)


satoさん>こんにちは。
そうです。これがマニュエリです。
アラカに行くとほとんどこの種です。

ブログ見させて頂きました。
多分マニュエリだと思います。
体型はおっしゃるとおり頭のラインがカクッとなっています。

ブラックよりひとまわりは小さい種だと思います。
投稿者:sato
これがマニュエリなんですね!
何だかんだどんなのがマニュエリなのか良く分かっていませんでした。
幼魚期はヒュメラリスと同様な体形で、
1枚目はブラックピラニアに見えますね!
アクアマガジンNo18号に似た写真があった気がします。

あと、下のページの2枚目の写真は、これもマニュエリですかね?
http://serrasalminae.seesaa.net/article/88096975.html
ちなみにアラカ河で釣ったとの話でした!

あー、たまんないっす!!

http://piranha.dee.cc/
投稿者:セッキー
まるで小説を読んでいる時のように、空想で頭が一杯になり、一瞬自分にも同じ風景が見えたような感じになってしまいました。それなのにこの話はまぎれも無い事実で、まるで違う世界の出来事を垣間見ている様です。自分にももっと心の余裕や、何物にも囚われない眼があったのなら、もっと多くのものを観て、感じられたのにと悔しいです。
マニュエリのBABYの体色も目の輝きも、成魚に劣らずホントに美しい・・・。上手く言葉で表現できないのですが、命の全てを込めて輝いているように見えます。

すごい読み応えありました!続編も楽しみです!!
投稿者:さすらいの賭博士
ピラーニャの味ってこっちの魚に例えるならどんな味なんですか?ぜひ一度食べてみたいのですが少々腹が弱いので不安です
AutoPage最新お知らせ