人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ブラジルカラー。

竹までもが身も心もブラジル色に・・。
クリックすると元のサイズで表示します

初めての南米旅で、
この竹藪を見つけて嬉しくなり写真を撮りました。


ブラジルの国旗には文字が書かれています。

「ORDEM e PROGRESSO」
「秩序と進歩」という意味です。

私は南米の事を話す機会が仕事上でも非常に多いのですが、
ブラジルを法の乱れた無茶苦茶な国だと認識している人が非常に多い。

しかし、実際旅してみると、意外にも「秩序と進歩」という言葉がぴったりとくる。

多くの日本人が想像しているブラジルと実際は大きく違う。

間違いなく日本人より知的な紳士は多い。

それは最貧の漁師の男でもいる。

こんな旅ができるのは彼らのおかげだ。


“大いなるグレートジャーニー”

バックパッカーで旅をしていると宿で同じ旅人とこの話題について語り明かすこともしばしば。


人類はアフリカ大陸より南米大陸まで大いなる旅をしてきた。
蒙古民族、エスキモー、北米インディアン、南米インヂオなどが私達日本人と同じ顔をしているのもその端である。

地球をアフリカから左回りに進むにつれ紳士度が上がる。
理由はわからないがこれだけは間違いないという意見もしばしば。
私も同感。

一緒に釣りをするとよくわかる。
竿の置き方でわかる。
私の道具が私の思っている以上に大事なものであると認識し、そっと置いてくれる。
狭い船の中では折れないようにそっとよけてくれるのだ。
要は人に対する気遣い。

今年の長期放浪旅は半年。
釣りは二の次に置いといて、南米の外周りの国を探検したいと思います。
美しきアンデスを越えて色んな文化を見てみたい。
ただ自分で体験したいだけです。

今年の目標はボクのトレードマークであるボンバダ帽子をアンデスのお母さんが作った
“アルパカの帽子”に変えて帰ってくることです。

日本でも躊躇なくかぶりまくりです。

変人と言われようが自分に芯、もしくは信があれば何もカッコ悪いことはない。
僕にはそういう芯を持った友達、先輩、後輩しかいません。



最近、日本でもレプリカ“アルパカの帽子”を女の子がよくかぶっているのを見かけますが

かなりセンスがよろしいかと☆



やっぱ南米大陸は俺の心をとらえて離さない魅惑の大陸なのだ。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
関野吉晴さん。

素晴らしい先輩だと思います。

いつか会う日のために恥ずかしくない生き方をせねば。
投稿者:セッキー
人を信じられるか?って言うのは、とどのつまり自分を信じられるか?って事でもありますよね。
私は今、自分自信をもっと信頼できるようにするために頑張っています。それによってアマゾンに対する捉え方も随分と変わってきました。どんどん変わっていく価値観。人生って面白すぎる!!
って、意味不明なカキコミなっちゃったかな?
投稿者:おおはし
ブラジル竹♪

グレートジャーニーと言えば

関野吉晴さんの
グレートジャーニー全記録T&U
http://www.sekino.info/book.html
昨年読みました。
10年にわたる全放送も欠かさず見てました。
関野さんも25年ずっとアマゾン。
この人の根幹にも南米があるようです。

http://green.ap.teacup.com/ea0084/
AutoPage最新お知らせ