人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

NATAL。

ブラジルではクリスマスのことをナタルと言います。
サンタクロースはパパイ・ノエル(ノエルお父さん)。

一ヵ月も前から街の飾り具屋さんは大繁盛。街灯やビルには盛大なランプの飾り付けが付けられます。

クリックすると元のサイズで表示します




日中40度をも越えるこのアマゾンのナタルは

灼熱のクリスマス。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなときにはお金がない貧乏な人もうまい具合に何かにありつける。
お祭りとはそういうものであり、そうでなければならないと思う。



ブラジルには永い間戦争がない。

何故かということを尋ねるとびっくりするような答えが返ってきた。

それは女が男より多いからだと言う。

アマゾネス。
クリックすると元のサイズで表示します

教会の入口には物乞いの初老の女性が何も言わずただ手を差し出して見つめてくる。

その真摯な眼差しに射抜かれタジタジになっている私を“ただ見つめ”手を差し出している。



南米の女は強い。

アマゾネスという造語の日本人の受け止め方もあながち間違いないのかも知れない。

南米は混沌の世界だ。
警官が親しくオカマの売春婦(夫)としゃべり、泥棒が開き直ってキレたりしている。



何が正しく、何が間違っているのかさえわからなくなってくる。

しかし、うまくやっている。

私はこの国が大好きだ。

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
10分もかけずに書いたので文体がめちゃめちゃ、話が飛びまくりですね〜。

けど歌の歌詞もそれだけで見ると結構むちゃくちゃなのにメロディに乗ると心に響くものになるんですよね〜。

日本文学ってある意味究極の言語ですよ。難しい。

あっ、写真は結構魂籠めてるんですがっ☆
投稿者:おおはし
ノエルの夜ですか〜
カソリック色の強い南米は判りませんが
プロテスタント系だと静かに過ごす事が多いようです。
(両親クリスチャンなもので…)
投稿者:セッキー
お金がある人が楽しいお祭りとは別次元ですね。それも女性が多いからなのかもしれないと思います。
女性は強い。だから強いフリをしなくてもよいので自然体で過ごせ、人に優しくできる余裕がある。
そして男は案外弱い。それがバレないように必死に強がって余裕がない。俺が偉い、アイツより強いの繰り返し。
釣りの記事も楽しいけど、こういったお話も嬉しいです。
AutoPage最新お知らせ