人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

帰国!

お待たせしました〜。

マナウスの空港でチェックインした後、思わぬ人と出会ったため、飛行機に乗り遅れるという珍事件が起こり、別のチケットを買ってなんとかサンパウロに着き、別の航空会社で着いているバッグをリミット20分で探し出し、国際線にはギリギリに飛び乗り帰って参りました。

まあ、ドタバタとこれで一安心と思いきや、日本に着くとロッドケースが何処かに行って出てこない。
それに加えてあまりにも怪しすぎる風貌から税関で個室に連れて行かれ、
「お尋ねしますが日本で禁止されている薬物などは所持されてないですよね?」
なんて丁寧語で聞かれ荷物を全部ひっくり返され調べられる。
外に一歩出ると熱帯の服装しかない為、短パン、サンダルで寒さに震えながら歩いて帰る。

今、これを聞いて釣り旅ってダルいな〜、と思ったそこのアナタ! 正解ですよ。
こんなことはなんてことない日常。

冒険釣り旅ってのはダルいの連続、トラブルを楽しみに行くようなもんですから。

危険を冒すと書いて冒険ですよアナタ(笑)


今回も水と岩の原野、方角もわからなくなる神秘の河シングーで釣りに夢中になりすぎてペスカドールとはぐれ迷子になり、最短で船を探すため川幅200mぐらいある深い流れを竿持って泳ぎ切りました。(銜えると意外に危ない)
水泳選手だったので泳ぎには相当自身があったのですが、流されてもうちょっとで死ぬところでした。(竿は離さなかった。笑)

マラリアもナメていたためにもうちょっとのところまで行きました。
投薬後、熱が引いた後は嘔吐と血尿の毎日でした。

マジで死にかけても本気で心配してくれるのは親とほんの一握りの人だけだなー。なんてのも痛感しました。

あっ、これは言っておかねば。
普通の観光ならアマゾンはそんなに危なくない所ですが、レア種や大物を探して人のいない奥地を目指すと危険度が2乗3乗になってくるだけの話ですので。

今月からデルタ航空がマナウスにサンパウロ経由なしで直接就航する便ができましたので、これからグッとアマゾンが距離的にも金銭的にも近くなります。

これを機にみんなもアマゾン行こう! (説得力ないですナー)

けっこう一人旅している日本人の女子は見かけるゾ。女はやっぱ強ェ・・


頭痛が酷いのもありますが、何から書いていいのやら全く頭の整理がつかず、今は布団に包まっています。

明日、国立感染症センターに行って検査受けて来ます。


まあ、好きでやってるんだからしょうがないねぇ。
誰のせいでもない。俺のせいだ。


ただ、言いたいことは、人生には何もない。人生を使って何をするか。

それによって人生が大きくなったりもするし、小さくなったりもする。

釣りにも意味はないし、大きく意味があるものだとも思う。

どう生きるかによって人生は大きく意味を持つ。

こうやって一生、自分は何かに情熱をぶつけて生きていこうと思う。

と、言うか何かに情熱をぶつけなければ生きれん性格なのだ。


せっかくこの世に生をもらったんだ。

人がうらやましく思うくらい生きてやる!!



だから、魅せるよ〜。 旅。怪魚★




                  明日から精力更新!乞うご期待!


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:skillful
遅くなりましたが…
無事に帰国できてなによりです!!!
更新楽しみにしてます♪

http://www1.bbiq.jp/skillful/
投稿者:TH
TERUさん、お帰りなさい!
ゆっくりと身体休めてください
更新楽しみにしています!
投稿者:kee
お帰りなさい!!
無事で何より、良かった良かったwww

更新、とても楽しみにしています^^
投稿者:セッキー
TERUさん、お帰りなさいませ。日本語での更新は久しぶりで、私が冒険していたわけじゃなにのに、それだけでなんかちょっと感慨深いものがあります。
昨日ちょうどテレビでアマゾンの危険生物とかってのがやってましたが、シングー河を泳いで横断のほうがよっぽど危険ですね(笑) 
自分は50mくらいしか泳げないんで、それやったらほぼ確実に死ねます。

それはそうとサンパウロを経由しなくてよくなったのが嬉しい反面、人が入って来やすくなるので、観光客の増加や、それを見込んでの開発なんかが進んじゃうと、悲しくもあります。そう考えると、人生に終わりがあるように、「アマゾンであっても不変では無い。」と感じてしまいます。そうでなくても違法な農園を作るために、違法な道路がジャングルを横断し、環境が激変していると聞きますから、現地の人達が生きていく為にはしかたがないことなのかもしれません。
でもツアーで一度だけしか行った事のない私が言うのも生意気ですが、私の面倒を見てくれていた全ての人が自然を愛していたと感じました。
生きていくにはお金が必要だけど、大切な自然を壊してまでして稼ぎたくはないって人達でした。
“神秘”という言葉で語られる場所が、いつまでも残っていく事を願ってやみません。
投稿者:しげる
お帰りなさい!
とりあえずゆっくり休んでください。
更新楽しみにしています!!!
投稿者:はしもと
お帰りなさいです。
大変だった分、収穫も大きかったみたいですね!
ゆっくりしてからで良いので、更新楽しみにしています♪♪
投稿者:おおはし
TERUさん
長旅本当におつかれさまでした。
虫にもかなり深刻にやられたようですし、
おまけにアレやらコレやらマラリアやら…
ともあれ一度ゆっくり休んでください。
投稿者:バスウ
お疲れ様でした。
無事の帰国!?なによりです。

これからの更新が楽しみではありますが、先ずは身体の静養、回復を願わずにはいられません。

でもね、期待しちゃいますよ、更新w
AutoPage最新お知らせ