人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

湿原。

朝早く、セルジオさんとルアー釣り初心者のデコさんという方と一緒に
外れ湿原を探検に行くことになった。
クリックすると元のサイズで表示します

朝日に映える湿原は美しい。
エキノドルスなどの水草がたくさん茂っています。
クリックすると元のサイズで表示します

湿原の水は綺麗です。森が水を浄化するのです。
風の谷のナウシカになった気分です。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ディカパックというデジカメ簡易水中ケースを用意していって使っているのですが、
まだ慣れなく、上手く魚が撮れません。

膝まで落ち葉の層に埋まり、水が濁って
シザーステールカラシンやキャリスタステトラが嘲笑いながら逃げていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
後にたくさん魚が湧いてる処を撮影するのですが・・。
(どなたか良い動画のUp方法をメッセージボックスに書いて教えて下さーい!<(_ _)>)


柔らかいバスロッド一本のみで勝負!
やっぱり南米はルアーフィッシングが面白いわけで・・。

色んな魚が飛び掛かってくるからね!!

トーピードパイクカラシン。まさに魚雷。
クリックすると元のサイズで表示します

パイクシクリッド。名前わかるかな?
クリックすると元のサイズで表示します

オスカー。意外に強いヨ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは日本のバスルアーが大活躍。
澄んだ水で小さい魚を釣るには大変良いものがある。(キッパリ)
メガバスルアーが10匹ぐらいのピーコに襲われとったよ。
逃げろ、逃げろ、ドッカーンって感じ★
クリックすると元のサイズで表示します

これは究極のサービスショット!!!
全国のシクリッドマニアよ・・。
心して見よ!!

南米にはまだまだこんなヤツがいるのだ!!
世界中のアイスポットシクリッドマニアが欲しがるぜ。場所は教えん。(笑)
全身黄金唐草スポット!!
クリックすると元のサイズで表示します

掛かり処が悪かった魚は昼食としておいしく頂く。
クリックすると元のサイズで表示します

タライーラにしては大きいね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
この魚のカッコ良さがわからん人とは深い友達にはなれんだろうな〜。
この旅であちこちで1000匹以上釣ったけど・・。
(タライロンとタライーラの関係をどうしても知りたかったのだ。)
クリックすると元のサイズで表示します
ヘドンのマグトー改がこの後強烈に効いて延々釣れ続けるのでヤメた。

昼からは水没している船を水から引っ張り出して、コップで水を掬い出しながらデコさんに釣りの授業。
おいらは先生です。
クリックすると元のサイズで表示します

いっぱい釣れてデコさんも大喜び。
日本製ルアーもプレゼントして、楽しい一日でした。

(なんか小学生の絵日記のような更新でしたね☆)
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
唐草ピーコックすごいですね〜
これ成体になると8番目の画像の感じになるのでしょうか?
何気にオスカーがメチャカッコいい気が…
(水族館やお店で見るとなんとなくスルーな
魚なのに…(^^;
投稿者:TERU
くろたまナイトさん>
タライロンの混乱に相当イラつかれているご様子。
まかして下さい。
愛読されてる月刊誌でお目にかかるかも・・。
でも、学者さんは大雑把ではないですよ。
逆に商業的に分け過ぎてることもあ・・。
な〜んて、まあ、お楽しみに★
投稿者:くろたまナイト
いや、全然分かんないです〜!
もともと私が持ってる情報の出所が、商業シッパーやショップの情報なのに、タライロンとタライーラの正しい見分け方は実際難しいですよ(汗)
ただ、口で説明できないだけで、見比べれば雰囲気というか「違う」という事だけは分かるんですが。
それからホーリー属の現在の学名による分類って、大雑把過ぎませんか?私には、もっと細かい種分けが必要な気がします。

TERUさん、早く誤解を解いてくだされ〜♪(笑)
投稿者:tike
>ルアー談義はここではよしましょう。
ん〜確かにその通りですね

それにちょっと時間たって自分の文章読み返すと依存してるみたいですねこれ
もっと客観的に大きく見えないと魚も釣れるようにならないでしょうね。課題が見えました。
投稿者:TERU
まささん>はじめまして。ご愛読ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
コメントもドシドシ思ったことを書いて下さい★


tikeさん>ルアー談義はここではよしましょう。(笑)
いつまでもしゃべってしまいます。

ただ釣れないのを腕だとは思わないように。
場所とヤル気の問題ですよ。
ルアー単体だけでなく、自然一体を大きく考え適材適所で合ったルアーをプレゼンする。
日本人は細かいこと考えすぎ、
横文字ならべて難しくしようとしてるだけ。
もっと釣りは単純で面白い。

頭の堅い人はアマゾンに来ても驚くほど釣れない。(けっこういるんですよ。本当に。)

あぁ・・うまく言えない・・いけすかない人になってしまう・・。
文章って難しいですね。

続きは裏ボンバダで★


セッキーさん>タライーラ、それはあなたが行ったことのあるアスーの多い黒系の河にはあまりいない傾向にあるからですよ。

いる河やラーゴには信じられない密度で生息しています。

アマゾンは色んなタイプの河があるから何度行っても行き尽くせない魅力があるんですよね〜。
もっと多くの河を見ればわかるはずです。

あと、タライーラとホーリー。学名と現地名をごちゃまぜに考えている時点で答えはみつかりません。

日本中のタライロンマニアでもちゃんとわかっているのは信じられないくらい一部の人だけです。

タライロンについてはこの日本中の誤解をなんとかせねば・・。

あぁ・・。最後のほうでモンスター連発するのですが、出発までには到底終わりそうにありません・・。


凄い動画を見たい人!誰か良いブログUP方法を教えて下さ〜い!
4m300kgのワニ釣るのが見えますよ★
投稿者:セッキー
この唐草のって、トラウト系の混血のソレとなんとなく似ているような感じしますね。もし雄雌共に唐草がいたら、子供はちゃんと唐草で生まれてくるんでしょうか?自然の営みの力強さを感じる一枚です。

タライラー・もしくはホーリー(私には見分けがつかなかった・・・勉強不足です)を友達がリップローラーで一回釣ったのを横で見ていただけなので、次回は絶対釣りたい獲物の中の一匹です。しかし1000匹以上釣ってるって・・・・アマゾン恐るべしなのか、TERUさん恐るべしなのか、も〜ワケ分からないです(笑)
ちなみに私はメガバスならばヴィジョン95が一番好きです。それに50or60ポントリングかましてST46の2をつけて、あえてカウントダウンにして使ってます。色はもうハコネカラーが最高に好きです。
投稿者:tike
メガバスルアーをはじめリアルなルアーは眺めてるだけで飽きないし釣れる気にさせてくれて大好きですが正直人の眼を愉しませる目的が大きいのかと思っておりました(反省)
それほどはっきり差がでるんですか
そういえばハンドメイドか何かの本で畏れ多くも遠藤龍美さんがルアーを実物に近づければ近づけるほど釣果があがっていったというのを読んだ気がするなあ・・・
ルアーはやっぱり飽きないですねえ

投稿者:まさ
teruさん 始めまして。 
毎度拝見させてもらってます^^
唐草模様のアイスポットめちゃくちゃかっこいいっす 
AutoPage最新お知らせ