人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

自分流。

更新する時間がないので一枚だけ魚の画像をば。


誰の真似でもない。勝手に出来る自分流のスタイル。
格好ではない理にかなったスタイルと道具。
それは一枚の絵のようにおさまりがよい。
達人のスタイルには無駄がない。自然に溶け込む。
見ただけで使いやすい道具であるかどうかわかるはずだ。
20年前の道具でも今よりいいものはある。これは本当だ。

俺はすべての竿に愛される男になりたい。

クリックすると元のサイズで表示します

世界を目指す若者よ、見て盗んでくれ・・。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くろたまナイト
TERUさ〜ん!褒めていただいて嬉しいんですけど、買いかぶりすぎです(汗)
本当に底の底のアクアリストなので、”ワイルド血紅龍”のすごさも良く分からないし(アジア飼ったことないし)、TERUさんの秘蔵ブログも知りません〜。(泣)

・天然で赤が出るためには、枯葉が堆積する河川上流部の湖であること。
・森林伐採が進み水質が悪化している東南アジアで、環境変化に弱いエビ類が豊富に生存している場所であること(エビ食べると赤くなるんでしたよね?)。
・天然状態で警戒心が強く、密漁・環境の変化などで個体数が減少しているアロワナが、水面付近を悠々と泳げるほど、人手が入っていない場所であること。
・現地の環境が回復し個体数が増えて、CITESが解除されること。
・これらの条件を満たした環境が、今後永久に保たれている事。

とか、でしょうか?がっかりさせたらすみません(汗)

TERUさん、私は、人間て「繋ぐ」ために生きてると思っています。
”何を、誰から、何から繋ぐかは、その人次第”ですけど、私は、TERUさんが繋ごうとしているモノを、同じように繋げて行けたらと思います♪知恵は無いですけど、私も魚好きですから♪(笑)

タンニン、気に掛けて育ててみます♪


投稿者:セッキー
ツクナレは友達と二人と、見知らぬ数人でチームを組んで行きました。その時友人にブラックアロワナのデカイのを釣られて悔しかったので、このこの写真を見たときに一目でその時の事が思い出されたんです。イヤほんと悔しかったですよ。。。><
シルバーなのにこんなに黒くなるなんて・・・。水の色や環境で随分と違ってくるものなのですね。そういえば昔テレビでやってた「生き物ばんざい」という番組で、「アマゾンでは河のこちら側と向こう側では、同じ昆虫でも姿形が微妙に違ってる。」と言っていたのを思い出しました。
あるがまま・・・素晴らしいですよね。
投稿者:TERU
まあ、勝手に出来上がっていくボンバダ流。最近はこの帽子をかぶらなければ気付かれないくらいこのイメージが定着してしまいました。(笑)
まあ、ばすばす書きなぐる程度の文なのでおおまかに意味を捉えてください。

言葉の端々まで突っ込まないように。(笑)

セッキーさん>はじめまして。何ツクナレですか?お一人で?いいじゃないですか〜。
是非メッセージボックスより質問して下さい。

ブラックアロワナ>惜しい!これは超ブラックウォーターに棲むシルバーアロワナです。こんな個体群もいるんです。自然って偉大ですね〜。

くろたまナイトさん>まあ、釣りはさておき、アクアリウムに関しては実際プロなので書いていかなくてはならないのですが、太陽も大事ですが、大型魚アクアリストはブラックウォーター、タンニンをおろそかに考えすぎのように思います。
タンニンがわかる人でないと、究極の色は出ません。

もう一度言います。これ、シルバーアロワナです。今度アップ画像出しますが、エラ蓋のAラインに赤が出ています。

僕のアルティメットな夢はワイルド血紅龍を釣ること・・。

ここに繋がります・・。くろたまナイトさん、そこそこのアクアリストとお見受けしました。あなたにはこの意味がわかりますよね?

そして、ハイマニアなら僕が名前を公表せず作っているもう一つのブログを見ているはずです。これ以上は言いません。(笑)

投稿者:くろたまナイト
うおー!いかにも、「太陽の光を浴びまくりました!」って感じの、黒い背がカッコイイアロワナですね〜♪
ウチの水槽でどんなに手間隙掛けたって、自然の偉大さには全然適わないっすねー!!(笑)
投稿者:セッキー
初めましてTERU様。セッキーと申します。世界を目指すってほどではないですが、以前初めてのブラジルで衝撃のピーコックバスデビューを果たして以来、海外での釣り、と言うか旅の虜になっております。
この画像で分かるのは、乾季とおぼしき時期に三日月湖のような状態になった場所であろうと思う次第で御座います。ブラックアロワナっぽいので群のリーダーの格でかいやつだとお見受けいたします。もしかしたら全然見当違いかもしれませんが、こうやって想像するのも楽しみの一つですよね。
最近このHPを見つけたのですが、正確には裏の方ですが、そこですごく疑問に思った事があるのですが、それはともかくとして、お体には気をつけてください。それではまた遊びに来ますね。
AutoPage最新お知らせ