人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

流されて・・。

クリックすると元のサイズで表示します

何処までも続く牧場とコブ牛と境界線・・。

ブラジル中部の高原地帯の典型的な風景だ。

一体どれほどの鉄線と杭を使うのだろうか、この景色が何時間も続く。

この境界に使われる杭、「100年水に浸かっても腐らない木」と呼ばれる木が使われる。

南米は狭い日本とはスケールも自然の豊穣さも何もかもケタ違いだ。
その南米の自然ですら機械を使う人間の前では脆い。

人間は必要以上の領土を欲する生き物だ。欲望は果てしない。
この想像もつかない大きさの牧場にも持ち主がいる。

日本人なども僅かなマイホームを手に入れるために一生を費やす。

俺のまわりにもいっぱいいる。
けど、何故か腑に落ちない。

これが、どうしても理解できない。

まあ、俺が変わり者だということで終わらしておこう。
俺は俺の基準で生きればいいだけのことだ。
また押しつけがましくなるところだった。


それより、ある事件があった。

車で辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアのバス停まで送ってもらい長距離バスを待っていると、俺は酔っぱらいに軽く絡まれた。

それぐらい南米旅の長い俺は何ともないのだが、この三人の娘達は過敏に反応した。
雌の親鳥が外敵を追い払うが如く、猛烈に追い払い、俺のことを心配するのであった。

俺のことを想ってくれていることは非常に嬉しいのだが、何か微妙にこっ恥ずかしい。

まったく、俺は女心がわかりません・・。


そうこうしているうちに、長距離バスがやって来た。
やはり、友達がいるとこの長時間のバスもあっという間だ。
色んな話をした。それぞれの身の上話や日本の事、ブラジルの事・・。

いつも一人だから何か楽しい。釣りがない旅だっていいじゃん。

この余裕がいつも俺を最後にモンスターに惹き合わせてくれるのだ。

俺は「釣りあげる」という単純な行為ではなく、その国の、その大自然の頂点に「逢い」に行ってるのだ。
その裾野の文化や風習や自然を見ずして頭の部分だけ喰っても旨くもなんともない。

だから、関係ないこといっぱいするのだ。

それでいいのだ。




大都会ゴイアニアの隣街アナポリスに着くと、女の娘の一人のパイ(お父さん)が車で迎えに来ていた。

「えっ?話が違うよ。ヒッピー旅じゃないの?」

もう、どうでもいいや、とりあえず流されてみよう。




家に帰る道中ゴミが道端にたくさん捨ててある所があった。

そして、また巨大な動物の死骸が・・。

クリックすると元のサイズで表示します




お父さんが俺に気を解すために言ったのかどうかはわからないが、

「馬もテレビを見ているよ。」

というブラックジョークには、なぜか笑うことが出来なかった・・。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くろたまナイト
広いですね。広過ぎです。
こんな広大な大地は、たった何人かの権利者に所有出来る様な簡単なものじゃないと思います。
この牧場も、昔は森だったとしたら、それはとても悲しいことです。

しかし・・・。TERUさんモテモテですね〜♪
AutoPage最新お知らせ