人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

えっ!?

夜。
宿に帰りあの金好きそうな女主人のおばさんに釣り宿代が心配だったので幾らか聞いてみるとびっくり。

最初に聞いていた値段の3倍くらいの値段を言い出した。

「ああ、それはボートの船体の値段だけよ。エンジン代にガソリーナ代にピロテーロ代に宿代に・・。」

「やられた・・。」

俺は神聖なる冒険釣り旅をしているにも関わらず努力せず自分で現地の河で普通に暮らす人々を探さなかった。

罰があたったんだ。

釣り以外の旅で一番面白い、人々との出会いの部分を切り捨ててしまったんだ・・。

ボンバダアグアがボンバダアグアらしくなかった。

いつか、また来よう。ピライーバが大群で遡って来る季節に。


今度は完全に自分の力でアラグアイアの家族を探そう。


今となってはアマゾンのいろんな河に俺を家族の一人だと認めてくれる家族がいる。

釣り宿は一回ずつ金を払わなけらばならないし、釣りだけなので釣れなければまるでつまらない旅になってしまう。

そこには熱も夢も涙もない。

俺の旅は釣れなくてもいいのだ。

ボンバダアグアは釣れなくても旅自体、冒険自体が面白いのだ。

そこが外の釣行記とは違う一点。

見る物すべてが新しく鮮やかで・・いわゆる、お子様の脳を持った輝く冒険なのだ。




ここでゴネても仕方ない。
不敵な笑みを浮かべるおばさんに少々まけてもらったがその場で金を払い、
明日の朝ここを出ることにした。
アラグアイアは3日の挑戦だった。


部屋に戻り荷物のパッキングをしていると、
あの女の娘たちが入ってきた。

そのうちの一人の娘が
「話しは聞いたわ。あのおばさんちょっとお金に汚いの。ここは昔私のお父さんの持ち物だったの。でも、死んじゃってあのおばさんに盗られちゃったんだ・・。」


その娘は赤茶けた一枚の写真を取り出した。

「私のお父さん。いいペスカドールだったのよ。」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだったのか・・。

アマゾンでも色んな問題があるんだな。

「何か力になれることがあったら俺なんでもするよ。」

「ありがとう。でも、もういいの。」

「それより、テル。これからどこ行くの?」

「いや、あては何もないよ。」

「そう!じゃあ私達と一緒に旅しない?」

「えっ!?別に問題はないけど・・。」

「やったぁー!!テルはヒッピーだから問題ないわよね!ねっ!ねっ!私達もヒッピーよっ!」


なんかまたおかしな展開になってきたが・・。

まあ、いい。

これこそが自由な旅ボンバダアグアだ。

さあ、これから一体どうなるんでしょう・・?

乞う御期待。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:新潟さん
金がからむと良くないですな
でも金が無い事には始まらない物もあるし・・




自由な旅の展開に期待大!!!
投稿者:ぶちょう
バウビーナは全面ではないものの、黒色の箇所は存在します。近辺のイガラッペは確かに
コーラに近い色をしていましたよ。そっち方面に精通した人に情報提供をお願いしてみますね。
ソリモンイスでの船の転覆事故は日本でも報道されていますね。(毎年3、4件はあります)
TERUさんも気をつけて下さいね。 では
投稿者:はしもと
予想外の展開ですね。
同じくワクワクしますね〜♪
投稿者:バスウ
お〜〜〜 なんかワクワクしてきたなw
AutoPage最新お知らせ