人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

アラグアイアの畏怖。

時おり親であろうモンスターピラルクが爆弾が水中で爆発したかのような音でもがき、跳ねる。

それが捕食なのか、呼吸なのか、求愛なのか、はたまた気まぐれなのであろうかどうかはわからない。

こんなタックルでは到底獲れる相手ではない。

3mは確実にある。水族館にいるピラルクとはデカさもオーラも違う。

まさに龍なのだ。この表現が一番しっくりくる。

「目の前に野生の龍一族がいる。しかも数えきれんぐらいに・・。」

この光景を見られるだけでも、いや、この場に立っているだけでも充実感でいっぱいだ。

アマゾンの頂点、今、尊敬にも似た恐怖を感じてるんだ。

これが、幾多の冒険家、小説家が書物に残してきた畏怖というものだろう。

だが、その巨大な龍は頭が良く、近寄ってはこない。

俺も無理に追うことをしなかった。
何故かそんな気持ちにはならなかった。

言い訳じゃない。本当にそう思った。


しかし、まだ無邪気な子ピラルクは俺のフラフラ動くルアーにゴンっ!という気持ち良い反応を示してくれる。

子供と言ったって力は巨神一族の血。
日本では考えられん力で闘ってくれる。

雷魚ロッドをグリップからひん曲げてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

もう日が暮れる。


ありがとう。ジョアン。

アラグアイアの“畏怖”確かに見せてもらったよ。
お前が育ったアラグアイア河ってのはすごいところだ。
まだ見ぬ怪魚、巨魚の犇めく究極の河だ。




さあ、帰ろう。満足だ。
早くしないとオンサ(豹)に喰われるぜ。(笑)





まだ、俺は本物の怪物ピラルクを獲れる気位に立ってはいない。




そう。
俺とアマゾンの歴史はまだ始まったばかりだ!


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
はしもとさん、keeさんありがとうございます。

はしもとさん>なんかすみません。恐縮です。

ぶちょうさん>とんでもございません。こちらがお願いしているのに。
夏にはどちらにせよマナウスに行きますので引き続きおねがいします!

あっ、それと僕が集めた情報ではマナウスの北近辺らしいのですが・・。

もしかしてバルビーナ?
バルビーナってブラックウォーターでした?

キーワードは北の強黒色イガラッペだと思います。

期待して待ってます。チャオ!
投稿者:はしもと
美しいですね。神々しくさえ見えます。3mのピラルク..凄すぎて想像できません。
ボンバダが自慢だと言われたそうですが、TERUさんは自然に畏怖と尊敬をもって体験した自然について綴っておられます。謙虚な態度で書いている内容が自慢であるはずがありません。先頭を走っている方には風当たりも強いかと思いますが、自分はずっと応援しています。がんばってください!!
投稿者:ぶちょう
TERUさんこんにちは。久しぶりのコメントです。タッタルーガの情報が全然集まらなくて、申し訳なく思ってます。
もう時間切れでしょうか?
投稿者:kee
ブログではほんの一部だろうけど、ほんとスゴイですね!生ピラルク見たいです^^

テルさん 思いっきりやっちゃってください!!
投稿者:TERU
野生のピラルクは養殖されたものとはパワーも美しさも全く違う・・。
アラグアイア個体群は変わった色をしていました。

アラグアイア、凄い河でした。また必ず・・。

AutoPage最新お知らせ