人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

展開。

南米ナマズ。

俺は何度も色んな河で怪物ナマズが掛かりはしたが逃げられている。

南米ナマズだけは闘ったやつにしかその凄さはわからない。

ミルクティーのような濁った河で掛かる怪物はまるで潜水艦でも釣ったかのように意のままに走りリールは壊れそうな勢いで鳴く。姿など見えない。

人間の力などなんとも思っていない。

10分が経ち、20分が経ち・・。とうとう木の根に擦られて170ポンドラインが一瞬できれる。

結果から言うと今回のピライーバは全然ダメだった。

乾季真っ只中で、アマゾン河を縦横無尽に泳ぐ巨大な怪物ピライーバはどこかに行ってしまったのだ。

しかし、ここには世界記録クラスのピララーラ(レッドテールキャット)がいる。

俺は何度も別の河で釣ったことがあるのでナメていたのだ。

この夜は凄いアタリが5回もあったのだが、すべてバラしたり切られた。

ピライーバがいないので気を抜き、ボートの竿立てに刺して待っていたのだ。
突然、「ギィーーーッ!!!」とリールが悲鳴をあげる。
雷魚用の強い豪竿(意外に海の超大物用より硬い)が見たことないぐらいに曲がっている。
すぐに竿を取ろうとするがあまりの引きのパワーで竿立てから抜けない!
そんな無様なことを繰り返し、色んなトラブルで結局釣ることは出来なかった。
今後、一からタックルも針も(現地のものが最高。)考え直さなければならないと感じた。(カルカッタ700ISO改など子供の手を捻られるようなもんだった。ABU10000でも厳しいと思う。もうPENNかOKUMAしかないな・・。)

宿の写真を見て、人ぐらいあるピララーラの写真に驚きあの引きを納得した。ピライーバはもっと強く速いのだ。

しかし、俺はある嬉しい魚を釣った。
こいつも凄い力だった。
底に張り付いたら動かない!

が、カメラがバッテリー切れを起こした。
コンパクトカメラ一台という貧乏野郎なので・・。

しかし、写真を撮らないことには誰も信用しない。
そのまま逃がすのは惜しい気がした。

食べる気はないので宿の前に朝まで繋いでおいた。

朝早く起きて写真を撮った。

じゃあ、いつものやつ行くよ〜。

アラグアイアの怪魚、

マユゲエイだ!!

クリックすると元のサイズで表示します
重そうに見えないけど重い!

やっぱりジョアンはちゃんと写真が撮れない・・。ほとんどボツ。


野生個体は地面に擬態していてわかりにくいが目の前に眉毛のような変わった模様があることからそう呼ばれている。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、丁重にアラグアイア河に御帰しした。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、照りつける灼熱の太陽に河はどんどん干からびていく。

この後、俺のジョアンに対する一言から思いもよらない展開になっていく。

そう、旅立ったのだ。




野生ピラルクーの巣へ・・。


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jin
漂着して砂にもまれまくった越前クラゲのようです。
シーバスしててアカエイ釣った事ありますが、ものっそい水圧を感じました。
それ、、、とってもおっもそぅ
投稿者:りょう
そんなにすごいナマズが…
アマゾンに行く時は筋トレして行かないと…(笑)
投稿者:WWyasu
BOM DIA
あの時の話に出ていた個体ですね。
うーん良いですね。

AutoPage最新お知らせ