人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

カミソリの河。

待ってろ〜!ぴらいーーば!!

ガッツポーズをしている俺の後ろでジョアンはこうつぶやいた。

「ピラーバはもうどっかに行っっちゃったよ・・。今は一番水の少ない乾季だ。」

えっ!?マジ!?・・。話が違うじゃん。いいって聞いてきたのに・・。

いくら商売だからってそりゃねえぜ・・。

まあ、仕方ない。南米の時期とポイントの選択の難しさは身に染みてわかっている。俺の勉強が足りなかったのだ。

釣りに関しては鬼のようなプラス思考の俺はそんな言葉に関わらず何が釣れるかもうわくわくしていた。

何故なら水鳥が異常に多い。魚をついばむ鳥、魚の波紋、日向ぼっこする無数の鰐、既にこの河を見た瞬間恐るべし魚影の濃い河であることがわかったからだ。

「アロワナでも釣りに行くか・・。」
ジョアンはぼそぼそつぶやいた。
この男はやる気がないのかおっとりした天然ボケなのかまったくわからない。

すぐ近くで試しに小型ミノー(とはいっても110mm)を投げてみた。

ゴンゴンゴン! ゴンゴンゴン! ゴンゴンゴン! ゴンゴンゴン!

ワンキャストで無数のアタリ・・。

この河はカミソリでぎっしりだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

何だ!?このピラーニャの異常な多さは!?

最初の10匹までは楽しいがもう既にうっとおしい・・。

この感覚を日本人に伝えるのは難しい。恐るべし濃さだ。

どれぐらい釣れるかと言うとジョアンをモデルにしてみた。



なんだその勝ち誇った顔は!  

なんかむかつくんですけど・・。けど憎めない。(笑)
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
その質問すごく多いです。

じゃあ、次回ピラーニャについて書きましょう。
投稿者:キム
お〜♪魚が釣れるシーンってのは面白いですね!てかこれならまったく食料に困ることはまず無さそうですね(笑)
出血した状態なんかでこんな場所に落ちたらやはり噛み付かれてしまうんでしょうか・・(汗)
AutoPage最新お知らせ