人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ピライーバ・・。

いきなりですが、
ここからの詳細なポイントの明示は控えさせて頂きます。


なーんて。こうやってまずは惹きつけてみる。(笑)

でもホントにここからは詳細ポイントは書きません。
いいとこ見つけちゃったんだ♪
って誰も日本人行かないか。

早速、河に飛び出した!
今回、俺に付いてくれたピロテーロ(操縦士、またはガイドって感じかな)はジョアンという男。
見ためからやる気ない度全開だが見ためどうり恐るべしいいかげんなやつだったのだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

何か胸のGOODという字にやり場のない怒りをおぼえるんですけど・・。(笑)



とりあえずジョアンのことは置いといて、アラグアイア河ってこんなトコロ。



地形がわかりやすいようにちょっと支流に入ったところ。
見てのとおり砂泥でできた肥沃な栄養がいっぱい詰まった白い河だ。

この河の名物といえば、
そう!あの何千種というナマズ天国南米の頂点に立つ魚。

ピライーバだ!

ピライーバとは南米最強ナマズ。現地の人間の畏怖にも値する。
実際、何十年か前は子供を丸呑みするようなサイズがごろごろいたと言う。
子供が泣くと「ピライーバに食べられちゃうよ!」とお母さんがあやすこともよくあるそうだ。

初めてのアマゾン冒険のネグロ河で1.4m位のピライーバを釣ったが現地の人から言わせるとそれはフィリオッチ(息子さんという意)。名前が変わる出世魚なのだ。〈Brachyplatystoma filamentosum〉
クリックすると元のサイズで表示します
(このサイズでも強烈なパワー。どこまでも沖に向かって走る。)

現地人は2mを超えなければピライーバだとは認めない。
誇りあるアマゾンのナマズ王だからだ。

3mを遥かに超え4mとマジに人を呑むような個体は
神の領域ピラチンガと呼ばれ畏怖の対象になっている。

ピライーバクラスは日本人で釣った人はいないんじゃないかな?(松坂さん釣ってたかな?)

ここのピライーバのデカさと濃さはハンパじゃないと聞き付けやってきたのだ!
その為に強靭なタックルを用意し(釣り旅用にするには難関が多いのだ)、トカラ列島の泳がせの猛者に聞き、日本で何度もシュミレートしてきたのだ。

そこでジョアンにこう言った!

モンストロなピライーバ釣るゼっ!



投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
遅レスごめんなさい。

keeさん>すみませんが知りません。

キムさん>ホントに?マジ!?

閣下>見ましたよ〜。ありがとう。

おおはしさん>お気遣いありがとうございます。ルアー楽しみです!
投稿者:おおはし
更新は気長にまってますので、無理せずまずは
自分第一で(^^
この前話した攪拌系です。(近々送ります〜)
http://www.geocities.jp/easyangler0084/080222wm130.htm
なんか文が変ですんません
投稿者:閣下
もうバイト決まったん!?写真送ったん見てくれた?次回期待してます。
投稿者:キム
写真のTERUさん・・
まったく日本人に見えないんですが(笑)
>次回笑えます
に期待♪
投稿者:kee
ノッってきましたね〜!

バリバリ働いてガンガン遊びましょう^^

俺は3月にバリにサーフィンしに行きます。
その際、釣りをしようと現在、情報収集してます。テルさん、何か知ってます?
投稿者:TERU
ちょっと寝て朝の4時からホテルのシーツ配達のバイトです。
あぁ、これも秘境に行く為だ・・。
AutoPage最新お知らせ