人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

雑記。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとここでブラジルの説明をば。
俺ってついつい自分本位で物を考えちゃうんでみなさんには悪いなぁと思っています。
ある指摘を受けたんで気がつきました。

まず、ここを見られているほとんどの方がブラジルの地図が頭に入っていないということ。
九州のような形したデカい大陸が地球の真裏にあるってことぐらいを知っているというのが大半であるということ。

アメリカ人がまだ日本にはサムライがいると思っているのと同じ感覚なんですねー。

もともと熱帯魚マニアが嵩じて南米マニアの僕からすると、マニア仲間の感覚でしゃべっちゃうんですよ。
南米はやっぱりアクアリウム界では聖地であり、ナマズひとつとってもやっぱりカッコよさが違う。
鮒じゃなくてピラニアなんですから環境の違いが凄まじい。
魚種数、生態系の濃さ、種の多様化がケタ違いなので
アクアリムマニアはみんなAMAZONを夢見てる訳なんですねー。
だから必死で河の名前や場所を覚えようとする。マニアになればなるほど細い支流の名まで覚える。そうしないとコレクションもできないし、違いもわからない。
でも、実はマニアの人でも魚が日本に着くころには商業的なからみと伝言ゲームみたいになっていて真実が伝えられていないことも多々あります。

釣行記になるとそこを書くのが凄く難しい。
釣りのほうに振るとデカさだけが目立っちゃうし、そいつがその魚種でなかなかいない大物だということも伝えにくい。はっきりいってブラジル人でもビビる大きさ獲ってますよ俺は。行ったことある人ほどわかってもらえると思います。

熱帯魚マニアに振って書くと専門的になりすぎて旅的な熱さを書くのが難しい。

このブラジルを二周しているという今回の移動距離の凄まじさを伝えるのもこれまた難しい。マナウスとブラジリアの距離を見て下さい。ちなみにMANAUSとBELEMの距離で船で6日です。
ブラジル人でもここまではする奴はいません。地球一周しそうな距離をノリであーでもないこーでもないといいながら釣り竿持ってうろうろしてるんですから。
ついでにもうひとつ、ブラジルは日本に入ってくる情報より危険ではありません。
その影響のひとつにリオデジャネイロの麻薬組織が町中で機関銃で銃撃戦をたまにするためにそのニュースやサンパウロの都市圏のニュースが国際的に流されるためで、田舎になればなるほど治安はよくなります。けど油断や金持ちぶった格好などはもってのほかですが。
まあ、死んでも責任はとりませんが、ちょっとオーバーに言われているようには感じます。
僕がお世話になるのは一般観光客など絶対近寄らないような貧民街のファベーラと呼ばれる地区も結構ありますが、いったん家族同様になるといいところなんですよ。
全くしらないよその子が自由に出入りしていますが、物が無くなることは今のところありません。あっ、ちょっとあるか。(笑)

文章力がないためうまく釣行記に織り交ぜれないのが残念ですが、こういった基本的なことをもっと書いていかないと地球の裏の話をしてもすげえなあだけで終わってしまうのでちょっと注意しながら書いて行こうと努力する所存でございます。


日本で熱帯魚に興味がなくバス釣りのみという方にはわからないことが多いと思いますがここに出てくる言葉をキーワードにして少しずつでも魚やある意味本当のルアーフィッシングや南米、世界の文化に興味を持っていただけたらなあ、なんて思ってます。

つたなく未熟な文章ですが、ある意味では命を懸けて人生狂わしてまでやっている本音で書く釣行記を温かい目で楽しんで下さい。

いつもあついコメントをくれる読者の方々、仲間、本当に感謝しています。

今、人生でも大変な時期ですが負けないようにがんばっていきます。
俺が死ぬようなことがあれば誰か必ずアマゾン河に灰を流して下さい。

最後、ちょっとシリアスな文体になっちゃいましたが、それぐらいいいところだということが言いたいわけです。

BONBA DA AGUAは物理的な現象ではなく心の爆発を感じて頂ければ幸いです。

僕らはいつだって秘境を夢見てる。
俺は本当のことが知りたいんだ!

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
ありがとう!
ホント、いい読者に恵まれて幸せです。

がんばります!やるしかないですナ!
投稿者:はしもと
グワシッ!!!???
TERUさんが伝えたい事が伝わっていない様ならこっちも勉強します。
好きなように書いちゃってくださいよ!!
こっちもTERUさんの人柄が好きで勝手に見てるんですから皆おあいこです!
と言うことでっ、グワシッ!!(おバカな文章ですみませんでした。)
投稿者:TERU
もう千人近くの人が毎日見ているブログで俺は何を言ってるんでしょうか・・。

まったく伝えたいことが伝わらない・・。

基盤になるものが違いすぎるのかな・・。

あぁ・・。

自分の精神と文章の未熟さが情けないです。

投稿者:バスウ
ブラジルに限らず、世界の事はまったく知りませんねw
だからニュースのまま信じちゃうんですよ。
だからTERUさんの横道の話が好きなんですね、俺は。
自分も熱帯魚飼っています(テトラとか小さいのと水草)がフィッシュイーター系始めたら大変でしょ(笑)
人になれてかわいいですけどね。
投稿者:TERU
個人的な意見ですが、僕は大好きです。

コントラストの強い影の出た魂の写真に憧れます。

まぁ軽く流しちゃって下さい。(笑)
投稿者:新潟さん
まーったく文章には関係なく

個人的な意見ですが

白黒の写真てあまり好きではありません
雰囲気とか見てくれはいいかもですが
その時の色が出ないからなんとなく・・

まぁ軽く流しちゃってください(笑)
投稿者:TERU
ぶちょうさん、Keeさん>文にするとシリアスになりますが、僕は意外に明るいばかなので大丈夫ですよ。もしもの時にはお願いしますってことで。

トンボさん>ありがとうございます。
南米フィッシュイーターを飼育することを御勧めします。
必ず釣りにフィードバックできることがありますし、南米の河も覚えます。

個人的な意見で言うと、魚を飼育したこともない人が魚好きという釣り人はどうも信用できないところがあるんです。

それぐらい得るものは大きいと思います。
熱帯魚屋で奇声をあげれるくらいになれば合格です。(笑)

投稿者:トンボ
南米って言っても広すぎるので、ちょうどブラジルの地図を見て位置関係を勉強しようと思っていたところでした!

まだ海外に行けない僕にとっては夢のようなブログです!!

更新されるたびにわくわくします!
がんばってください!!
投稿者:kee
テルさんがんばってよ!!

きつい事、迷う事、色々あるけど自分の信念のために貫く!って事がこのブログ(テルさん)を見ていて一番何かを感じます!

もちろん釣り、旅、自然、人ともに楽しませてもらってますけど!^^!
投稿者:ぶちょう
TERUさん死んだらダメですよ、死んだら。「無」ですよ。私の楽しみが無くなるじゃないですか!慎重且つワイルドな釣り旅を応援してますので、こちらで困った事があれば遠慮なく言って下さい。あっそれから、前の記事のオオアリクイですが、アリは「フォルミーガ」(かっこいい!)ですが、アリクイは
「タマンドア」と呼ばれています。地方によって違うかも知れませんが。
AutoPage最新お知らせ