人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

外国から見た日本。

今日も寄り道癖です。あしからず。

アマゾンのある河のほとりではっとしたことがある。

地元の釣り人が雑誌を持って来ていた。
街の釣り人は週末に釣りに行くのが好きなのだが、がつがつしていない。
のんびりハンモックに揺られて雑誌読んだり、料理したりして遊ぶのだ。

その全然知らない釣り人は作った料理を食べていきなさいと誘ってくれる。
河で会う人はすぐにアミーゴになる。

そこで何気なく置いてあった雑誌をめくるとこんな広告が。

クリックすると元のサイズで表示します

意外に世界の人の日本国像は外れていないかもしれない。

みなさんは世界から見た日本を考えたことがありますか?

ある意味辛辣なるものが見え隠れしてるように感じるのは私だけでしょうか・・。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
海外からみた日本…この広告いいですねぇ。
仕事やプライベートで幾つかの国に行きましたが
東南アジアが多いのでこのイメージは無いです。

>拓也さん
こんにちは
>「勘違い気味のケバケバしい和柄」が外国から見る日本ですな。
ブハハハハ、シビれるコメントですね。
個人的にはSSZ-75Mあたりを振ってみると
非常にいいんだけどどうにもこうにも見た目が…
と思っていましたが、そうですか。
その先には海外での戦略があったんですね。
ある意味、外国が求めている日本像?でしょうか。
投稿者:TERU
さすが平成世渡り男。
うまいこというねー。
おとして上げる。みたいな。

最近の竿>目を向けていないはずがないでしょ。すべてを見た上での感想をいってるわけで・・。

そのメーカーを想う気持ちもわかるけど、俺は素人だし、あえてこの異常なスペック&カリスマ至上主義状態のバスの世界に突っ込んで行きたくないだけだよ。

釣りはそんなんじゃねえっていう反抗心さ。

ここで議論するのはやめよう。

そのことについて今度、題材を立てて、あえて秘境も旅し、メーカープロになった君に意見を求めるのでおおいに語ってください。

あと、君がいう意味からすると小癪なというのは目上の人間が小生意気なという意味で使う言葉なので社長に対して使う言葉じゃないと思ったんで意味わからんかったんだ。 

完全に論点の軸がずれてしまったなー。
天才肌の人間と会話するとこういうことよく起こるよね☆主語が大事☆
投稿者:拓矢
テルさん、最近の竿にもすこしだけ目を向けてください♪
個人的感想ですよ、
バットに竜や虎、紅葉をあしらうモデルが少し前(?)に出て、
まだメガさんと何の関係もない当時自分としては、
「少々ケバいなぁ〜。」と思っていたわけですが、
韓国に行って意識が変わりましたわ。
全モデルを一同に会して販売すると
「メイド・イン・ジャパン」をこれ以上ないくらい印象付けるんですよね。
「外国人が感じる日本」を、「ニッポンの竿」を、まず見た目から示している。
当然、一昔前の日本のように、熱狂的大人気でした。
ダイワ&シマノは別格とするなら、
「伊東社長は海外を意識してこれを作ったんだろうな〜。それを国内で言わないのもまだ…粋でコニクラシイっす!」
と大いに感動した次第です。

…っていう韓国で感じた土産話を前に言ったと思いますよ、テルさん!笑
投稿者:TERU
えっ?文全体の意味がまったくわからんよ・・。

しかもメガバス契約プロの君がそんなこと言っていいの?

何かあったのか?
投稿者:拓矢
メガバスの竿の
「勘違い気味のケバケバしい和柄」
が外国から見る日本ですな。
「小癪なw」とニンマリしてしまいます。
AutoPage最新お知らせ