人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

リオ・イシュクールの畏怖。

ドラードの家に帰った俺はもちろん次の日の夜明けも暗い河岸に向かった。
今日が最終日、ブラジリアに帰る日だ。
6時ちょうど、まだ真っ暗な河岸で河のせせらぎだけが聞こえる。
ブラジルでは安物のたばこDURBYをゆっくりくゆらせる。
たばこの煙と朝靄がうっすら見え始める。
水中に沈んだ岩を集中してみる。見続ける。
釣り師にはわかるのだ。例えそれが物理的に見えていなかったとしても。
ミスは出来ない。岸際の倒木や岩にひっか掛ればこの朝のチャンスは死ぬ。

針もこれでもかというぐらい鋭くしてある。太い針は鋭くなければ刺さらない。

神経を無にすれば、その時に体が動く。
ルアーはもう着水し、剛竿を脇にかかえリールを全開で巻いていた。

ガッツーン!!どぐっ!!

凄まじい衝撃が走った。ロッドエンドが俺の脇腹を強く撃った。ホウキで振りかぶって殴られたぐらいの衝撃だ。

これだけ集中していても全開のリールと流れに対して悪魔のような力とスピードで襲いかかってくる巨大なドラードにはかなわない。

フックアップが出来ないくらい強い。俺も実際経験するまで醍醐麻娑沙夫さんの本などを読みわかっているつもりでいた。数も釣りわかっているつもりでいた。
しかし、知識を得ることと経験することは全く別だ。

悪魔サイズのドラードは想像を遥かに超える。
ディアブロウなドラードの力とスピードは全く河の虎、河の王という名にまったく恥じない。

アタリだけでこんなにも体が震える魚はいない。恥ずかしくも体が震える。

このちっぽけな大きさの河にこんな想像もできない悪魔が潜んでいるのか・・?

その朝二度とあたりはなかった・・。


やけに鷹が騒いでいる今日は何かおかしい・・。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ