人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

XINGUの危機。

シングーに来て、どうしても聞いておかなければならないことがあった。

アルタミラに向けて帰るバルコの上で俺はルイスに意を決して口を開いた。

「なあ、ルイス。シングーにダムが造られるってのは本当かい。」

ルイスは驚いたようにピクリと動き、俺の目を見た。

そして、遠くを見つめてつぶやいた。

「ああ、本当だ。」

そこまでストレートな答えが返ってくるとは思わなかった。ショックだった。

俺は堰が切れたようにたて続けに質問した。

「なぜ!?タライロンや牙魚、たくさんの種のプレコ、エイ、パクーここだけにしか棲まない魚の多い特別な河を!しかもアララ、アラウェテ、アスリニー、カヤポー族、いっぱい、インヂオの聖地じゃないか!どうして!?」

くそっ、こんなにも美しい河をっ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

「いや、今はその計画は中断しているみたいだ・・。だが、いつその案が再開されるかはわからない。」
「テル、そこまで日本人のお前が思ってくれることは嬉しい。俺もパパイもそれは望んじゃいない。けどな、こういう悪いたくらみは通るんだよ。ブラジルの政治家はここじゃみんな泥棒って呼ぶのさ。」

「ダムが出来たらあんな大きなタライロンも釣れなくなるんじゃ・・。」

「そうかもな・・。」

帰国して調べてみると、なんとあの世界的に有名なイギリスの歌手スティングもこのXINGUの地に訪れ、自然保護を強く訴えて発信している。
RFJという団体もあることを知った。

みなさんにはどうこうしろと言ってるわけではないのですが、
こうゆうことが起ころうとしている事実をもっと知ってほしい。
知っていれば思うことだってあるじゃない。

かっこつけて言ってるんじゃないよ。ただ、そう思う。

20年後にモンスタータライロンの写真が伝説にならないように・・。

俺の孫がここに戻ってきて畏怖を感じることができるように・・。

クリックすると元のサイズで表示します

                  Rio.XINGU編第一部  完。


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はしもと
ショックが大きくてコメント書くのをためらってしまいました。強い憤りを覚えます。
でも自分が何ができるか解らないのが辛いですね..。
投稿者:新潟さん
シングー編 実はもっと奥が深いんじゃないでしょうか?
少しハショリました?
たぶん色々制約があって出せない写真とかあるみたいですが・・・

熱い文章期待しますよ!
投稿者:TERU
シンちゃん>お久しぶり!見てくれてるんだー。ありがと!けど、そんなおおげさな・・。全然有名でもないし・・。
まあ、でも普通の幸せはまだ手に入れられんだろうね。
まだ険しい山を登っている最中だ。穏やかな生活など望んでおらん。
髪質>もう伸びすぎて何人かわかりません・・。
社長にはもっと精進してから胸張って顔を出しますとお伝え下さい。

こうつんさん>シングーのことですか?是非。日本は関係ないなんてことは決してありません。アマゾンに行ったら肌で感じます。このままでは本当にヤバイです・・。


これだけは実感で本当に言えることですが、例え南米であっても本当に手つかずの秘境など極々一部です。
ピラルクやピライーバだって3mを超えるものはほとんど、いや、滅多にいません。昔は普通にいたそうです。

僕が今回の旅で釣った大物達はそう簡単なものではないと思います。
今、僕がやっている事はブラジル人に見せてもびっくりするほどです。
何十回行っても出会えない人がほとんどだと思います。

これから自然の破壊は進みもっと釣りづらくなって行くでしょう・・。

悲しいです・・。

ここにコメントが少ないのが今の現実です。

身命に受け止めなければ・・。

オイラって多分、何かに導かれてるんですよ・・。

長文になってしまいました。スミマセン・・。
投稿者:こうつん
TERUさんはいいこと言うなぁ〜
うちのブログで紹介させてくださいね!
電話でしか話したことない人だけど、いいっすわ〜TERUさん!やっぱり、会ってみたいっすね〜

タライロンおめでとうございます!初めて知って初めて見ました!世界は広いっすね〜深いっすね〜次の話も超期待してます!
投稿者:シン
TERUさん、お久しぶりです。
今でも毎日TERUブログ見てますよ。なんだかどんどん遠い存在の人になっていってしまってるようで少し寂しいです。
一緒に仕事をしてた時がうそのようですね。でもその時から、この人はいつか有名になるだろうと思っていました。
ところで、「俺の孫が・・・」とありましたが結婚できるんでしょうか?もしかしたらすでに世界各地でTERU jrが・・・
まあ、髪質でわかるとおもいますが^^
それでは、これからも応援しています。
AutoPage最新お知らせ