人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

タライロンとタライーラ。

ここで一つ重要な話をしておこう。
ここを見ておられる読者は日本の中でも究極の釣りバカか、アクアリウム怪魚マニアであるという認識の下で進めましょう。 (旅的を期待されている方はちょっと待ってね。)

タライロン、タライロンなどと叫びつつ話を進めて来たが、そんな魚なんのこっちゃわからんと思われる方が大勢というかほとんどみたいなので説明しておきましょう。

熱帯魚マニアの中の牙魚マニア、怪魚マニアですら、いや、アクアリウムショップのプロの人間ですらほとんどわかっていないのが現状である。

俺はちょっとおちゃらけた感じだがこういう調査はプロ中のプロなのだ。いや、自分が知りたいからやっているようなものだが・・。

まず、最初に言っておかなければならないのは全く違う魚であるということだ。
単に小さいのをタライーラと呼んで大きいのをタライロンとよんでいるわけではない。

これをややこしくしているのは和名とアクアリウム業界だ。
当然、商売である。タライロンはタライーラに対して生息域が限られていて稀少価値が高い。しかも、IBAMAの規制により輸出の許可が下りない。
だから、タライーラをタライロンと言って売ったほうが儲かるのである。何々産タライロンだとか生息していない地域の物が平然とタライロンで売られているものまである。しかもタライロンとなると平気で何十万円、へたすると百万単位で売られているものもある。(輸出業者の苦労を考えると多少アリな値段だとは思いますが・・。)

某バスプロのアマゾン釣行ビデオでもネグロ河で釣ったものをタライロンで説明していたがネグロには生息していない。間違った解説だった。
マニアがそれを指摘して噴気していたが、しかし、これはその制作者が悪いのではない。アクアリウム業界名である。
アクアリウム業界(南米輸出業者も含む。)がネグロ産のものをブラックタライロンという名をつけて売っているからである。
そのほうがより高く売れるからだろう。
 
ちゃんと学名で説明しようとしたが、
しかーし、しかし、しかし。
タライロンとタライーラを学名で説明しようとしても、ヨーロッパや先進国で使うFISH BASE(一応世界基準。海遊館などもこれを参考にしているらしい。)に出ている学名とブラジルのIBAMAなど図鑑に載っていて平然と認識されていることでは違うのだ。
それほどまでに世界中でも真剣にこれに対して取り組んでいる学者がいないことの証明といおうか・・。学会の歪みなのか・・。

しかし、今回の旅でマニアとして全く違うと証明できる一点を見つけてきた(目が大きくて飛び出ていて顔がとがっているとかみたいな微妙な差異ではない)のでこれはアクアリウム関係にて発表する。(現地民は知っていた。)
これが世に知れ渡ると、もうタライロン論争に終止符を打つほどのものだ。


この業界に通商名からできる伝説の例がある。
有名な例でいうと、
一つはシャムタイガーとダトニオ。
それとエンドリケリーのニジェール産とチャド産。
あとはこのタライロンとタライーラだ。
マニアがあーでもないこーでもないと言っている。

が、実はすべて本当の話がある。しかし、ウェブ上という公共の場で混乱を招く為ここではそう簡単に言うことはできない。個人的にはいいけどね。(でもいきなり教えてってアクセスとってくるのもだめだよ。)

タライーラ。

クリックすると元のサイズで表示します

南米の大部分に生息しており、その数も非常に多い。亜種も数種ありややこしい。サイズは大きくても50cmそれ以上は自慢できるサイズだ。一部大きくなるタイプもあるようだがタライロン程でもなくそれだと思われる輸入されたものを見たが、ある見分けのポイントで見るとタライロンではなかった。
アマゾン流域ならず、前回の調査で緯度的にはかなり低く、冬はかなり寒いサンパウロの遥か南方サンタカタリーナ州のフロリアノポリスの小川にも生息していたのには驚いた。(釣行記ではハショってますが・・)俺はちょっとおちゃらけた感じだがこういう調査はプロ中のプロなのだ。いや、自分が知りたいからやっているようなものだが・・。
とにかく、釣れる。岸ギリに落とせば飛んでくる。あとキラキラしたものにめっぽう弱い。この旅では三か月間で色々な地域で千匹以上は釣った。
南米雷魚とも言われているが歯は雷魚とは比べ物にならない。牙が唇に沿って収納されていて見えにくいが結構鋭く長い牙を持つ。フロッグで釣ろうとしたらワンバイトで破れて穴が開く。


タライロン。

クリックすると元のサイズで表示します

南米淡水シーラカンスとも呼ばれ、古代の硬骨魚類の趣きを全面に押し出している古代大型カラシンである。

日本のマニアが認識している以上に大きくなる。1mを超えたあたりから超太くなりだす。まさに究極の古代カラシン。
恐竜が絶滅するような環境にも耐え抜き、究極のフォルムがゆえに進化を拒み続けてきたのだ。(主観入りまくり♪)
河で洗濯している人間のふとももにもくらいつき、大怪我をする人がいるくらいアタッカーで強暴な一面を持つ。

カショーロ・アルマートゥス(大型カショーロ)も幼稚園児が見ても古代を感じるほどの魚。生息域が酷似している。関係は必ずある。
アマゾン河南岸で言うとタパジョス、シングーの古い地層の岩盤のクリアウォーター河川に生息している。
サンフランシスコ河のものは今回、高齢の漁師に聞くと昔はいなかったらしいし、70cm以上はいないと言っていた。タライロンか大型タライーラであるかどうかは確認できなかった。

俺が完全に確認出来たのはシングーと・・。

おっとここから先はアクアリウム関係で。お楽しみに!


で、何が言いたいのかと言うと、その進化を拒み続けて来たタライロンを育んできたアマゾンの中でも特別な環境の素晴らしい自然と、
タライロンは希少で

モンスターで超カッコイイ!! 
ということである。(笑)

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くろたまナイト
TERUさん、はじめまして!
先日、ポルトデモスを手に入れて、タライロン検索でこちらに行き着いてから、毎日チェックしてます♪(笑)
もう、今頭の中「タライロンでいっぱい」なんです!タライロンは、とてつもなくカッコイイし迫力あるし、タライーラだってデカくなれば負けず劣らずカッコイイと思います。
この話しの続編が、気になって堪りません!
超楽しみにしています!!(笑)
投稿者:アクアリスタ中村
タライロン!!

すごく知りたいです!

続きを期待しております!
投稿者:TERU
すばらしい!

ボンバダアグアを見て南米や魚に興味を持ってくれたお方がいる。

なんかうれしいなあ。

淡水エイ>しかもここシングー河はあの究極美スティングレーのポルカドットの故郷なんです!
投稿者:tike
あきらさん こんにちは
ご丁寧にありがとうございます
あきらさんほどの行動力があれば人生どんどん開けてくるでしょうね
ちょうど昨日、熱帯魚屋にタライロンいるかなとひやかしで見に行ったんですがタライロンはいなくて代わりに淡水エイが妙に気になったもんです。確かに隙あらばプスッとやらせそうな雰囲気です 
投稿者:あきら
こんにちは、tikeさん.

ワニとかピラニアは冗談程度で危ないぞって注意されますけど、
エイだけは本当に危ないらしく、みんなかなり注意してましたよ。

死んだエイの尾っぽのとげで手をずばっと切っちゃいましたから。
生きてたら毒が入ってたかもしれません。

カンジェロとかはわかりませんが、現地スタイルに合わせとけば問題ないもんですよ。

http://ameblo.jp/onedara-wanderer
投稿者:TERU
そんなことはありません。

魚は全く大丈夫ですよ。(笑)

肩どころか竿を咥えて泳いで島を渡って行くんです。
一番危ないのは切り立ったナイフのような溶岩で体が切れることと、渦潮に巻かれたら浮かび上がらないことです。
投稿者:tike
素朴な質問ですが、写真のような恐ろしい魚がうようよいる河に肩までつかちゃって襲われたりしないですか?よく怖くないですね。素人ならではの質問ですね。たぶん。TERUさんめちゃくちゃ笑顔だから不思議でしょうがなかったんですが、開高さんの本の中に船の上で昼寝してて起きたら手が骨だけになってたとかいう話が出てきたような気がしたような
投稿者:TERU
PS,壮大な話になってくるが、あの古代大型サケ、マス族の、タイメン、イトウともリンクしてくるのだ。

このグループも大変興味深い古代の形質を持つ魚類である。続編お楽しみに。
AutoPage最新お知らせ