人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

夜。

ルイスがペイシ(魚)のソパ(スープ)をつくってくれる。
これにファリーニャというマンジョッカ芋からできた黄色い粉をかけて食うのだがアマゾンの人は何にでもかける。
味は無く、石のように硬い粒がたくさん入っているのだがスープにかけて程よくふやけた頃合いを見て口に運ぶのだ。
だが慣れるとこいつがないと淋しい。
もう前回も合わせると長いアマゾン生活で俺は硬いままでもバリバリ食うようになっていた。
腹が減ったりしたらこれだけを食っている時もある。
それがアマゾンの人達は嬉しいみたいだ。
日本人なのにファリーニャをバリバリ食うということが。
俺は現地の人達に必ず合わせる。
それを理解することが旅であり、その国を知ることに繋がり、家族になれるのだ。

アマゾンではあせらない。夕方になったら食って寝るだけだ。夜は長い。

なぜかこの時、開高さんの言葉が頭に浮かんだ。

「身を粉にしてはたらくことがたのしいのだというマゾヒスティックな快楽説に私は賛成しないのである。とれだけのんびり怠けられるかということで一国の文化の文明の高低が知れるというのが私の一つの感想である。この点では日本は“先進国”でもなければ“中進国”でもなくハッキリと“後進国”だと私は思う。」
                    ―開高健著・ずばり東京―

クリックすると元のサイズで表示します

これは俺が常日頃思っている余計な物を手に入れる為に苦しんで見える日本人像とリンクしてくるんだろうな・・。

無理もない・・。このパパイを見れば・・。もう酔ってるし・・。
クリックすると元のサイズで表示します

蚊はたくさんいるが、もうアマゾン経験も長いので完璧な俺の寝具。

超コンパクトに畳めるナイロン地のヘージ(ハンモック)とそれ用の蚊帳。そこらへんの枝を拾って体に蚊帳が当たらないようにセット。
ナイロン地も気持ちよく快適である。

クリックすると元のサイズで表示します
 
アマゾンの夜に〜♪TERUは眠りこけた〜♪とっても神経の太いTERUだった〜♪
               VIDEOアマゾン珍道中内柏木重孝作詞・作曲「アマゾンの夜に」替え歌

俺いつもこの替え歌アマゾンで歌ってるんだ。

    どうしても口ずさんでしまう・・やっぱり柏木さんあなたは天才です。(笑)
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
うまいですよー!
よく生臭くない?と聞かれますが
日本の河魚の感覚ではないですね。

バクバク食いたい人はナマズ系。
精妙なる風味を味わいたい人は
木の実食い魚系。

僕は後者です。

頭からバリバリ食って
骨までしゃぶりつくします。

猫も食うところないくらいに・・。
投稿者:tike
うまそう
AutoPage最新お知らせ