人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

出発!

次の日川岸に行くと、ルイスのパパイ(パパ)がバルコ(ボート)を持って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

優しく笑うこのパパイ、昔は漁師だったそうな。シングーの事は俺に聞けという。
手を見るとグローブのようなたくましさだ。その手のシワがすべてを物語る。

そしてエッチなジョークを飛ばしまくり、笑う。口癖は

「楽しく生きろ。」

弟のアントンも来てくれるらしい。現漁師で、魚を捕獲していいライセンスを持っているらしい。(ブラジルにはIBAMAという自然保護の機関があるのだ。)

役者はそろった。シングーに挑戦だ。

ルイスが
「その前にガソリンを買ってくれないか。ジェネイロ(金)がないんだ。悪いな。」

「そんなの俺が買うのがあたりまえだよ。お世話になるのに。まかせてよ。」

ガゾリンを買って帰ってくるとボートにグリップの付いた棍棒が転がっている。
「これは何?」

「ああ、トライロンを叩く棒さ。やつは強いんだ。」

クリックすると元のサイズで表示します

間違いない・・。タライロンの聖地だ・・。ドキガムネムネシテキタ! (三平風?)

「よし、TERU!行くぞ!」
「おう!」

アルタミラから4時間ほど走るとシングーらしい溶岩帯の激流域に入ってくる。

しかし、河幅は広いが河の真ん中にもいきなり岩が隆起していたりするので座礁するとかなり危険らしい。だからスピードが出せないのだ。エンジンが異常に小さいのもあるけど・・。
その岩がたくさんあるので至る所に渦潮が発生し、複雑に入り組んだカショエラ(滝)がある。滝越えなんてマジ、ヒヤヒヤモノで、思わず体が固まる。
不思議だ・・。今まで見たことのないタイプの河だ・・。
何か神聖な不思議なパワーをピリピリ感じるゼ・・。

ちょっと動画で伝わるかどうかわかりませんが・・こんな感じです・・。

(なんかモザイクかかったみたいになっちゃうねー。このブログじゃ動画は無理だな・・。)
 

さらに4時間ほど走る。

「うわー!釣れそうなポイントだ。もう投げてもいい?我慢できんよ・・。」

「TERU。あせるな。ここは危険だ。もう少しだ・・。」


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ