人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

みなさんトゥードゥーベン?

MANAUSに着きましたー!
日本語変換が都市だからネットカフェでは日本人旅行者が変換してくれていてそのPCを使っているのだ。
毎日見てくれている皆さんホントに申し訳ない!
またすぐローマ字になるけどごめんネ!
それにしても飛行機速すぎっ!!
3時間で着きました。
船だったら一週間もかかったのに・・。
飛行機はやっぱり旅が薄くなるね。
昨日はベレンのカランケージョ(カニ)のおいしい地元のお店ガッチーニョに行ってたらふく食ってきましたー。大人にしかわからん味。(ニガいよ。泥のミソ。ハマるとこたえられんのよ。笑)
3時間もすべてを忘れてカニほじくってました・・。

ポルトガル語も大分できるようになり旅する分には困らないくらいになりました。
もうすごい距離を旅しました。
トランスアマゾニカもバスで全制覇しました。
まさかモンゴルに匹敵する悪路があるなんて・・・。
暑い分こちらの方が苦しいかも・・。 

やはり南米釣り旅は難しい。
一番は金銭面。今2年前のレートの1・5倍。コーラなんか日本より高い。
そして移動距離。バスで50時間とかザラ。交通費も距離が距離だけに・・。
あと釣りは金持ちのスポーツなのだ。釣りツアーなんか使おうものなら一週間3000ドルとかザラ。
漁師にたのんでもガソリン代もアマゾンは日本より余裕で高い。
秘境は街から相当離れているので行こうものなら船で2日とかかかったりする。
言わなくてもどれだけお金がかかるかわかるよね・・。

その他様々な難関をクリアーしなければモンスターのいる場所までたどり着かんのだ。
アジア諸国の難しさなど比ではない。

だから個人で釣り歩いている人間などほとんど聞いたことがないでしょ?
2箇所ぐらいは行けるかもしらんが・・。
それほど難しいのだ。

あと魚もよく知っていなければ狙う秘境、魚を探すことも出来ない。何千種もいるのだ。
こういうとアマゾン行きゃ誰でも釣りビデオみたいに何処でもバカスカ釣れると思って来るとかなりイタイ目に逢うことになる。
行ったことがある人はこの言葉がわかるかな?
すべてを総合して爆釣やブラジル人も驚くモンスターサイズにたどりつくの難しいのだ。
一番ウデの差が出る場所、ルアーの良し悪しがわかる場所といっても過言ではない。
初めて南米でルアーフィッシングをした人は自分が今まで如何にわかっていなかったということに気付くはずである。

あと南米やアマゾンは危険すぎるといったイメージである。
なぜそういうイメージが強いのかはわからないが俺にとってブラジル人ほど気のいい国民はいないと思うくらいだしアマゾンははっきりいって自然の天国である。

いいところだよ。

どう書いていくかこらからの課題です。
 
ただ釣りはヤキモチを焼く人が多く、それらのふりかかる火の粉を振り払っていかなければなりません。

画像で見せなきゃわからんのだ。
(某誌にスゴイ画像は止められているので差し障りのない日本の釣り師にわかりやすいほんのサワりの魚の画像を。)

うるせえよ。
自分に正直に生きてるんだ。
ごまかして生きているやつらと
一緒にするんじゃねえ!!


俺が明日から狙いに行くのはこれの倍もある世界最強の本当のモンスターバスだ!!

クリックすると元のサイズで表示します

釣りができてうれP−☆!やっぱ狂ってるわオレ☆
投稿者:teru@amazon
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はしもと
TERUさん元気してますか?
早く次の話が聞きたいです。
更新して元気な姿を見せてくださいね!
ではでは。
投稿者:tike
nessi- toka mikakuninkyodaiseibutu toka no neta ga mukasikara daisukinanode dodekai emonowo kitaisitemasu
投稿者:bass-woo
genkisoude naniyoridesu.
yahari nihongoha iine(w)
“suge〜na”tosika iiyouganai
kureguremo gojiaiwo!

投稿者:まんた
すげぇなぁ・・・

気持ちが高ぶって、頭がおかしくなるぐらいに自分の好きなこと追っかける・・・
純粋にすげぇと思います。
アマゾンなんていう究極の場所にいるんだもん、もう細かいこと気にしちゃ駄目っすよ。

写真なんかなくても、TERUさんがどんだけ気持ちいいことしてるか充分伝わってきます。
男の子だもんやっぱり大好きなことは貫き通さないといけないと思いなおすことができました。

ありがとうございます。


やっぱりハートですな(笑


無事に帰国されることを楽しみにしてますよ!

投稿者:新潟さん
TERUさんいい顔になってますね〜

タックルに魂入りまくりですか!



AutoPage最新お知らせ