人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ポコネの五目釣り

次の日、なーんにもない長閑な街ポコネから奥地に行こうとバスを探すが、ナイ・・。
ここが終点のようでタクシーやバイクに交渉してみるがこの先はいくつも橋があって今は壊れている橋が多く行きたくないと言う。
しかも
「ドラードは今そんなとこに登ってきていないんじゃないか。」
と言われる。
え!?マジッ!?
はるばるやってきたのにホントかよ〜。
不貞腐れて安宿に戻り主人に愚痴を言って部屋に戻り、釣り具を持って外に出た。
町の端にある小川というか溝を来る途中で見ていたので何か釣ってやろうと思ったのだ。
着くと、やはりここはパンタナル。
浅い溝なのだが小さなシクリッドやホーリーが自分達の縄張りを主張し、カラシンなどは鰯のように黒い帯になっている。
エキノドルス系の水草も茂りまくり。
町の溝でこれか・・。
ああ、やっぱ南米は自然の深さが違うぜ。
アジア圏にはこんな場所はもうないだろう。
とりあえずエサがないので針だけを投げてみた。
はい、釣れました。ランバリ。(だいたいこういう系統の小魚を見ると現地の人はランバリという。)
クリックすると元のサイズで表示します こいつを切り身にして釣ると入れ食いどころか取り合い。
魚が多すぎる。
そしてすぐそこいら辺の人がギャラリーになっておせっかいを焼いてくる。
釣りはそんなにめずらしいもんじゃねえだろうに。
こんなとこで釣ってる俺が珍しいのか?
君は男の子?女の子?

さらに釣れ続ける。
一つの針で二匹。
魚が暴れて上の方に行った餌を喰おうとして糸に絡まる。
クリックすると元のサイズで表示します
その横からかかった魚を喰おうとこんなドワーフホーリーがとびだすし。
クリックすると元のサイズで表示します
こんなに綺麗なシクラソマ・ディメルスもいる。
熱帯魚店によく入荷する白黒っぽい安価な魚だが水槽内とは全く別の姿である。
野生ではこんなに美しい青い魚になるのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
今度はピラーニャ。
おっ、やっぱジャイアントイエローピラニアだ。大きくはないけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、もう一匹ピラーニャをかけると水底から1mくらいのワニが飛び出して持っていった。
町の溝にワニがいるんスか・・。

ナマナマもいるし・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでは何種釣ったとか言うこと事体ナンセンスである。
意味のないことである。

この意味が解ったあなたは聡明な方である。

小物釣りも楽しいなあ。
魚に貴賤はないのである。
さあ、宿に帰ろう。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ