人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

銀のドラード

河に戻り、餌を投げて浮きをぼんやり眺めていた。
アロンさんは横で頭に手を組み寝ている。
ほかの釣りをする気にもなれず森の色んな生物の声を聞き、
ねっとりとした空気の中で手巻きのうまい煙草をゆっくりふかして見つめていた。
永い時間がたった。
ボシャン。ボシャン。
遠くで魚の跳ねる音が聞こえた。
下流の遠くの方で魚が跳ねている。
その瞬間アロンさんは飛び起きた!
「ドラードだ!」
よく見ると、力強い銀色の魚が跳ねている。
ひとつのグループの様で、あっちに飛び、こっちに飛び、集団でこっちに向かって河を遡って着ている。
「凄い!ドラードか!?銀に輝いてるぞ!?」
想像とは違うぞ・・。

100m手前まで来た!
何か捕食している!
「チャンスだ!」
浮きに近づいて来てる!
浮きの周りに来た!
うわっ!銀色のドラードだ!
しかし、浮きは動かない。
「ダメか・・。」
その時、ふっと浮きが消えた!
よっしゃー!!
電光石火のフッキング!
かかった!!
その瞬間、狂ったように魚は飛び跳ね続ける。
力はあるが、そんなに大きくはない。
しかし、狂ったように止まらないジャンプ。
華麗なジャンプを堪能してボートに引っこ抜いた。
「なんだこの魚は・・。美しい・・。」
「TERUさん。こいつはパンタナルのドラードとは違う。銀色だが金色に負けないファイターだ。サンフランシスコ河の特別な河の虎さ。」
あーっ!あのデカイのが食ってくれれば・・。
腹に大きい個体にカブられた跡が・・。
 
正直、この時点で俺はこの種類のドラードが金のドラードに劣っているという先入観を持っていた。知らなかったからである。専門職だったのに恥ずかしい。

しかーし!
実は超〜レア種!
サンフランシスコ水系に分布する幻のドラード。
パンタナル、パラナ推計の金のSalminus Maxllosusではなく
白銀に輝く、

Salminus brasiliensis!!
ドラード・ブラジリエンシスだ!!
クリックすると元のサイズで表示します

日本人でこれを釣った人はあまりいないだろう。
顔は金で体は白金、各ひれはレモンイエローに染まり、尾びれは深紅。
華麗なるドラード。
幼いが俺は嬉しいヨ!!
ありがとう!未知の河サンフランシスコ!
そして美しき華麗なるドラード!

クリックすると元のサイズで表示します

この究極の種の多様化こそが俺を惹き付けてやまないのだ。
ドラード、最低でも4種はいる。大型になるのはこの銀と金。
一生かけても全然足りないぜ!
南米釣り旅最高!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ