人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

多々なる驚き。

カラポナイフのエサを持って河に降りた。
仕掛けは単純そのものでウキをつけてエサをつけて投げるだけ。
アロンさんはすぐに寝に入る。
「魚は釣れる時は釣れるし釣れん時は釣れんよ。」

まさにその通りだけど・・。究極の一言は言わないで・・。あぁ・・。

そこに漁師が船で通りかかった。その人に大声でドラード!と尋ねると、まだまだ下流の本流にいてのぼって来ていない。というようなことを言った。

あぁ・・。こりゃだめだな・・。いないもんは釣れん・・。

クリックすると元のサイズで表示します

たまにエサを引き上げてみるとピンピン泳いでいる。体をフックが貫通しているのになんという生命力。恐ろしい生物だ。

アマゾンだったら一瞬でピラーニャの餌食なのになあ。ここは魚影薄いのか?
それとも方法が良くないのか。

竿を持って神経を集中していた。
大気は「ジ〜〜」というラジオのノイズの様な音で唸っている。
アロンさんがふいに
「この音なんだかわかるかい?」
「えっ、セミじゃないんですか。」
「よく聞いてごらん。船の底を。」
船底に耳をあて聞いてみた。
なんと、その音は川底全体からとぎれることなく水を通り抜け大気に向かってジ〜っと聞こえてくるのだ。
アロンさんは
「これはクルビーナ(淡水イシモチ)が鳴いてるんだ。パカモンもいるよ。」
「えーっ!うそーっ!シンジラレナイ!
不思議だ。なぜ生物が音を途切れることなく鳴くことができるのだ?
アマゾンのホエザルもそうだが全く理解できないし地球の壮大さを感じる。
ねっとりとした空気と神秘のバックミュージック。
俺は感じてる。今感じてる。
最高だよ南米!

しかし、場所も変えてみるがピクリともウキは動かない。
ちょっと休憩がてらに別の漁師の家に寄ってみた。
家の前に獲ってきたばかりであろう珍南米オオトカゲ
ブルーテグー。
が置いてある。野生のものは美しい。
日本では高価なトカゲが晩メシなのだ。あたりまえなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その漁師は日本から来たこの釣りバカをたいそう歓迎してくれて魚の写真をいっぱい見せてくれた。
すごい!すごすぎる・・。
この河はこんなにポテンシャルを秘めているのか!?
その漁師の人生最大ナマズがこれ。

ピンタード。
クリックすると元のサイズで表示します

スポッテッドタイガーシャベルノーズキャットは熱帯魚図鑑には全長1mって書いてるのに・・。
南米はすべての期待を上回る。
敬意を持って、オッパ・・。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ