人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ポカン釣り

夜が明けた。朝おっちゃんが家の裏についておいでというのでついて行ってみると弁当箱ぐらいの箱が木の一本ずつにつている林があった。
よく見てみると蟻より少し大きいぐらいの小さな蜂が出たり入ったりしている。
「これはね。特別な花の蜜を集める蜂で世界最高のプロポリスがとれるんだ。」
と言ってた。本当かな。
アロンさんがそこにきてトウモロコシの粒の入った麻袋を持っていた。
「TERUさん。今日はポカン釣りというのを教えてあげよう。出発するよ。」
用意して河に降りるととなりに住むおじさんが船の船頭をしてくれるらしく待っていた。昔漁師だったらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
「ボンジーア!」
ようし、出発進行!
この河の幅は狭く、30mぐらいで水はトローンとしたミルクコーヒー色。
家の前から4kmほどアルミボートで遡った。
そこでエンジンを切った。
アロンさんは
「この釣りはねピラブタンガ(頭が鮒みたいで体はドラードそっくりの魚)を釣るんだが、ここのピラブタンガは落ちてくる木の実を食べてるんだよ。それにコーンをそっくりに落して釣る本当に面白い釣りなんだ。」
えっ、ドラードじゃないの。でもピラブタンガいるところにドラードありだ。長い進化の歴史の中で何か関係があるからそっくりの真似た体型してるんだろうから。(実はピラブタンガでもウレシイのだ。)

まず仕掛けはこうだ。3.6mほどの普通のフナ竿に30ldのナイロン糸をつけて針から30cmはダブルに撚る。そこにコーンを二粒つける。ごく単純な仕掛けだ。
しかし日本ではこの竿に考えられん糸の太さ。歯も強力なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

そして船は音もなく河を流れて行く。その流れに合わせてテンポよくブッシュの変化、特に木がオーバーハングしている所にあたかも木の実がポカンと落ちた音を出して演出して落してやるのである。

さあ、釣り開始だ。俺はこういうの得意だ。目にもの見せてやる。
いいポイントにポチョンと落とした。反応がない。
「もっと木の実が落ちたような音をださないとダメだ。」
そう言われてポカンと落としたその瞬間、
グググッ!!
キタ!うわっ、フナ竿だからひきがツエー!
でた!ピラブタンガ!大きさの割に力あるねー。
楽しいー!

クリックすると元のサイズで表示します
 
口の中を見ると人間の奥歯そっくりの歯だ。これで木の実を潰すんだな。

そのあとも次々うっていくのだが、音がかなり重要で目に見えないから音で一瞬で判断するらしい。疑似餌的要素もふんだんに含まれている。
あと自然に沈ませなければならない、するとイトフケにあたりが出る。

河は蛇行しているがおじさんは岸からつかず離れずの絶妙な櫂捌きでながしてくれる。
いいポイント、いい音で落とすと次々にあたりがある。だめだと出ない。はっきりしている。
いやー風情があって楽しい!こういう釣りもいいもんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目にハデさはないが引き味が強い魚で純粋に楽しい。
一日これで楽しんだ。

しかもうまいらしい。
楽しみー。

大漁。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ