人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ビワエンシス

“お箸の国の人だもの” (ある少年との合言葉。笑)

日本にも畏怖はある。
日本に残る純淡水の怪魚。
ビワコオオナマズ。(Silurus biwaensis )クリックすると元のサイズで表示します
何というかっこいい学名!誇らしい。

申し訳ないのですが詳細は申し上げれません。
それでなくても本来2mオーバーになるこの魚種が環境破壊により小型化しているのです。(大昔の記録に2.7mというのもあったそうな。 以前琵琶湖博物館に実物大の衝撃の模型があった。)
世界レベルで見ても学術的にも貴重なこの魚がいなくなるのは悲しいから・・。
30ポンドラインが太いと言うような大きい魚に慣れていない釣り師が押し寄せるからです。
切られるのは目に見えている。針が刺さったまま泳ぐ魚なんて見るに堪えない。(実際いる。)
天然記念物ではないというのが疑問だ・・。
特別天然記念物に指定されてもなんらおかしくない程の生物だ。
世界中を探してみたってここだけにしかいないのだ。

上海水族館で見た揚子江流域に生息する最大4mを超える本当に絶滅寸前のナンポウオオクチナマズ(Silurus soldatovi。今はそんな最大級はいないに等しい。けっこうこの種自体知られていない。長江の環境破壊は凄まじい。)でもなければ、

クリックすると元のサイズで表示します


最大種のヨーロッパオオナマズ(Silurus glanis)とも全く違う。(これの最大級は想像を絶するがこいつも3mをこえる個体は最近は稀だとカザフスタンの漁師は言っていた。この世のものとは思えない怪物が竹のような硬さの葦原をなぎたおしていくの目撃した。水の中を車が走っているほどの光景だった。)
クリックすると元のサイズで表示します

似て非なる日本の純淡水の食物連鎖の頂点にたつ固有種。
同じサイズなら一番厳つい顔をしている。
特徴を述べるなら“目”が違う。(重要なことなので今度話します。)
永き幾多の時代を越え、現代は外来種を喰らい生き続ける。

あえてこう言おう。
ギガ・ビワエンシス!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

俺はこの四尺クラスの主が現われるのを半年間待っていた。
間違いなく日本記録クラスだろう。しかし俺にそんなものは関係ない。
こいつが生きていて出会えたことが重要なのだ。

超ギガント・ビワエンシス!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
拳二つなどすっぽり入る。 
え?正面からだとサイズがわからん?
しょうもないこというなよ〜。
はいっ。

クリックすると元のサイズで表示します
素早く写真を撮り、丁重にリリースした。
ヤツはまだこの地に悠々と生き続けている。

この釣りを書く気はなかったがこれを心待ちにしている少年の為にも書きました。

少年よ大志を抱け。釣りは素晴らしい!
可能性を信じることのできる価値あるものだ!

日本は素晴らしい文化と環境を持つ島国。
それがいつまでも清らかであってほしいと思うのは当然だ。
そうさ俺だって一応、端くれ。


“お箸の国の人だもの”
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:京都のゆうや
やっぱり隣が滋賀県だけにこの記事は見逃せなかったです
未知の可能性は日本にもたくさん眠ってますね!
超ギガント・ビワエンシス。。。

ひそかに夜な夜な追い求めてます

もう日本には居ないかと思いますがお体に気をつけてください。
秘境の怪魚や世界のTERUさん目線のBLOG
心待ちにしてます

VIVA LA BOMBADA!!!!
投稿者:TERU
そうですね。世界から見ても。
ビワエンシスですよ。ビワエンシス。
超特定の学名ですからねー。
釣り師よりも学者の方が価値わかっているでしょう。

ナマズは太い糸でも細い糸でも釣果にはそれほどひびかないのでせめてリーダーだけでも50ld以上は使って下さいねなんてタックルについての説明するのは難しいですよ。
経験のある人ほど釣り人って頑固ですからね。自分もですけど。

もう最近議論には疲れた感があります。
もうトップページの心そのままです。

はやく旅にでたい・・。
投稿者:新潟H
まさに日本では貴重な魚ですね

本当天然記念物じゃないのが不思議です
こう言う魚を守る意味でもタックルやラインの
重要性についてこれからも更新して行って下さい

投稿者:TERU
わっはっは。
まさやくん。見たんだな。
釣ったんだな。おめでとう。
あとは魚に聞け。
河に聞け。
釣り雑誌は読み過ぎるな。
河に聞くんだ。
じゃあな。
投稿者:まさや
わすれた。
おはしの国の人だものね!
投稿者:まさや
すごいなー!
こんなナマズつれるんですか?

ナマズつれたよー。
おとうさんもボンバダアクア見てすごいなあといっていました。

また今度おしえてください。
投稿者:バスウ
すげ〜 
釣っちゃうとこがさすがっす!
投稿者:KEE
え〜!!なんですか それ。。。
琵琶湖にそんなのいるんですか!
スゴ過ぎて、どんな釣りか想像つきません。
面白くなってきましたね〜^^
AutoPage最新お知らせ