人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

クリスタリーナ

朝早くアロンさんの車に乗り街を出た。
延々と広がる見渡すかぎりの麦畑や牧場を抜ける一本道を走り続けた。
大きな幹線道路のはずなのに車は少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

道中アロンさんはこう話した。
アロンさんは末っ子でブラジルで生まれたらしい。小さい時は苦労したそうだ。
八人兄弟だが成功しているのは俺と兄貴だけだと言った。
兄貴ほど金持ちじゃないけど親の面倒をみてるのはふたりだけだと。
「TERUさんとしゃべったから日本語大分思い出してきたよ。普段全然しゃべらんからね。いっぱい本当のブラジルを見ていってくれ。そして日本で話すんだ。」
どうもこの人もブラジルのことを日本人に知ってもらいたくて仕方ないみたいだ。

ミナス・ジェライス州に入った。
しばらく走ると道路脇に何やら奇妙な置物のある店がチラホラ見え出した。
なんとそれは宝石屋だった。
宝石屋と言っても先進国のきらびやかなものではなく掘っ立て小屋に毛が生えた程度のものだ。
ここの地名はクリスタリーナ。宝石の町である。
ここからはたくさんの宝石が出てるらしい。
種類も量もかなり。
隣町ではアレが出てコチラはナニナニといった感じ。

ちょっと覘いて見ることにした。
驚くべきことが車を店の前に止め降りた瞬間から起こった!
地面のジャリが薄く透き通っていて全部クズ水晶なのだ。
まさにクリスタリーナ!!・・。(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ってみると凄い量の水晶が所狭しと置いてある。
値段を見ると信じられないくらい安い。子供のお小遣いで買えそうである。
琥珀色の水晶がここの特産らしく目についたので母のおみやげに一つ選んだ。
店員も決して押し売りすることなく振る舞いに余裕があり、40歳ぐらいの華美ではないが上品な女性である。
ブラジル定番のセルフサービスのコーヒーがあるので小さな紙コップに入れて飲みながらじっくり拝見する。(この習慣は凄くいいね。俺も店を持つことがあれば絶対採用しよう。)
                   
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

しかし水晶では宝石のうちに入らんなと思っていると、奥の宝石を見ていきませんかと言ってきたので奥の部屋に通してもらう。
見るだけですよと言ったが全然OKという感じで重そうなアタッシュケースが出てきた。
おいしいコーヒーも出てきていよいよ密談といった感じ。

アタッシュを開けると小さな紙の包みがたくさんあり、それをおもむろに開いた時感嘆の声が思わず洩れてしまう。
なんという美しさ。なんという数。次々に袋を開けて見せてくれる。
こんなにたくさんの宝石は生まれて初めて見る。
水晶とは輝きが全然違う。
吸い込まれそうだ。
人は最後には石にハマるというのを聞いたことがあるが今ならうなずける。
こんな心境になるとは思いもしなかった。
しかも値段が異常に安い。
世界で旅行者相手に商売しているものはロクなものがなく100%と言っていいくらいダマされるのだが何故かここではその感じが感じられない。
しかも人などほとんどこない場所だし。

日本でこんなに大きい石を見た記憶があまりない。
それでも安い石らしくとんでもない石はすぐにパナマに運ばれると聞く。
色んな種類の石を見たが一つ心を奪われる石があった。
それはトパーズ・“インペリアル”(皇帝)。
その琥珀色に近く深いピンクに輝くトパーズは世界でここだけしか採れないという。
もう神秘的な美しさである。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

店員の女性も買うならこのロマン溢れる石が絶対お勧めでお買い得という。
カットと色の気にいった石があり、すごく欲しかった。
値段の事を言うのもなんだが大豆小ぐらいの大きさで8万円ほどだった。
しかし、怪魚を狩るあてのないさすらい旅の途中なのでそれほどの余裕がなかった。
渋々諦めたのだが日本に帰ってきて驚愕の事実を知ることになる。
それは日本だと7ケタに近ずくほどのお値段だったのだ。
あぁ・・。買っておけばよかった・・。

俺は嫁さんができたら絶対に石はここに買いに来るぞ!(笑)
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ