人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ファゼンダ。

村を過ぎ、河を越え、夕方道を外れ赤土の細道を抜けると大きな家に着いた。
微妙に日本っぽい家だ。
「ヨコヤマさん、ここはどこですか?」
「私のファミリア、親友の家だよ。」
中に入ると、奥から体格のよい、体から精力のみなぎる屈強な男が現れた。
赤井英和に似ている。
いきなり大声で歓迎される。俺のことは聞いて知ってるらしい。
「遠いところから来たのう。まあこれでも食えや。」
なんか、果物の王様とかいうのを食べる。
ウマーイ!!なんだこれ!?食ったことねえ!ムイトゴストーゾ!!」(甘いナシのような味で腐りかけノバナナのとろけるような食感。口の中でとける。)
「アッハッハ!うまいか!好きなだけ食え。」
大声で笑うこの男。一瞥でわかる。この眼光の鋭さ、顔の光り具合、オーラが違う。
達人だけが持つオーラだ!
話を聞くと、やはり俺の勘に狂いはなかった。
この人はブラジルでも釣りでは有名な人で、政府のトップクラス副大統領までがサンパウロから釣りに頼ってくるというファゼンダ(大牧場主)なのだ。
名前を赤井英和に似てるのでファゼンダ・アカイ(仮名)にしておこう。
この人の話、聞けば聞くほどオッパ!!である。
ピラルクが群棲していているラゴアがあってルアーにヒットするが早く上げないとそこには80cmのブラックピラニアが普通は群棲しないのだが集団で襲って来て食べられる話。(写真で確認したが、ピラルクよりブラックピラニアのでかさに驚いた。日本で伝説の大ピラニアは実在したのだ。しかし、残念なことに画像がないのだ。どこでどうしたのか・・。次回必ず。)
(オオナマズ。人食いレベルだ。ピンとこないでしょ?)の話。
200kg越えのジャウー。の話。
5mのワニ捕獲事件。 (ボートに上げれないので、船外機を外し、ボートを沈めて中の水をかき出した)とか・・。
2ヶ月前に7mのアナコンダ捕まえたとか・・。(皮確認。信じられないデカさ。5m越えたら大人を呑むと言ってた・・。)
オッパ・・。気が遠くなりそうだ。
立てかけてある竿も俺の竿のグリップより太いんですけど・・。
「さあ、ぼちぼちいくか!」
うわー。胸がどきどきしてきたぞ。

ファゼンダ・アカイの一部写真をここに。

クリックすると元のサイズで表示します

よく見たらここで一番でかいシルバーアロワナ超でかいよね?

クリックすると元のサイズで表示します

ホントだ。ピラーニャ・プレタにシッポ食われてる・・。

クリックすると元のサイズで表示します

南米にもヒマンチュラみたいなのいるんだ?

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
おっと、見逃してた。
あきらくんどうだい開拓の調子は。
南米楽しんでる〜?

http://moon.ap.teacup.com/teru/
投稿者:TERU
こんばんは。みなさん。

バスウさん>えっへっへ。僕ももっとB級仲間に入れて下さい。(笑)

拓人くん>ありがとうございます。僕はもうアクアリウムでは納得いかなくなってこんなことになっちゃってます・・。自然はすごい。

satoさん>いやー、そちらのBBSでお話ししようと思ってたのですが・・。
深いお話しになると思うのでボンアグBBSにぜひ来て下さい。
まずはピラニアマニアさんの為に作ったのですが誰も来てくれません・・。(泣)
遠慮せずどんどん聞いて下さい。
熱帯魚、爬虫類業界も実はかなり深いところにいたので・・。


http://moon.ap.teacup.com/teru/
nnnara boku ha 1m no pira-nya wo !
投稿者:sato
お久しぶりです。いつも楽しく読ませていただいてます。
80cmのブラックピラニアの話!待っていました!
次回必ず!ということで、期待しています!
2m近いピラルクを襲う80cmのピラニアたち・・・想像しただけでもヤバ過ぎます!!

http://piranha.dee.cc/
投稿者:拓人
はじめまして、ちょくちょく読ませてもらってます。
熱帯魚もかじる程度の知識ですが、みてて凄く楽しいです。
やっぱ水槽の中の魚と色もガタイも全然別物やなーって思います。
別館もよく除いてますよ〜
投稿者:バスウ
すごっ!としか言いようがない。
80ブラックピラニアなんて想像つきません(笑)
AutoPage最新お知らせ