人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

旅は繋がる。

キドサキさんの家に帰って来てから3日間ほどベレンのあちこちを一人で見て回っていた。
昼の顔も夜の顔も綺麗な所も汚い所も・・。
日本人バックパッカーにも出会った。
彼は2回脅されて強盗に金品持っていかれたと言っていた。
自分は彼より確実に危険な地域や時間帯まで好き放題していたがそういう危険な感じは一切受けなかったが不思議なものである。
多分南米はみんなピラーニャみたいなもんなんだろう。
普段ピラーニャは人間に対して危険なものではないが、一度エサだと判断したとたん電光石火のカミソリのごとく襲いかかる。
それに似た感じなんだと思う。

この頃、街は活気付いていた。
そう。世界最大のお祭りCarnaval(カルナバル)が始まるだ。
飾りを売るお店があってピンクの大きな羽根やら金の布みたいなものやお面があってバーゲンセールのように小さい女の子からオバサンまでいっぱい群がって買っている。
この規模から見ると日本の浅草のサンバなどはすずめの涙ほどもない。
カルナバルはリオデジャネイロが有名だがすべての街で国中が爆発するのだ。
カルナバルのことをはじめ俺はもっと不純な印象で受け止めていたがバルセロスで経験した後考えが変わった。
体の芯から震える感動の命の爆発だということに。

でもやっぱりもっと魚を釣りたい気持ちが抑えられなかった。
地図を見る限りここから自力で行けそうなのは400km先にあるツクルイダムしかねえな。
バスを乗り継いで行ってみるか。

帰ってからキドサキさんの奥さんと話していると、
「あっ、そうそう。今私が行ってる病院にツクナレ釣りが好きな先生いるらしいわよ。確かヨコヤマとか言ってたような・・。」
本当ですかー!すぐ情報を聞きに行って来ます!」
病院を探してロビーまでやってきた。日系の大きな病院だ。
通路を歩いている日系人らしき人に声をかけた。
「コンリセンサ(すいません)・・。」
ポルトガル語で話かけるとカタコトの日本語で返された。
「ドウシマシタ?」
「あの、ヨコヤマ先生はここにいますか?」
「ワタシデス。」
えっ!?いきなり見つかった!
「あの、日本から釣りに来たんですけど・・。」
「ダレカニキイタンデスネ。ヨロシイ。チョウド、カウナバルノアイダ、ツクルイダムニ、ファミリアデ、ツリニイクカラ、イッショニイキマショウ。
えっ!?いきなり見ず知らずの俺に・・。話はやすぎるよ・・。
「ありがとうございます!!」
この時、俺はこれから始まるジャングル奥地の魔のサバイバルキャンプが始まることなど知る由もなかったのだ・・。
               
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
これからジャングルに入ると少々エグい画像が出てきます。
気分を害するとよくないので、心臓の弱い方や小さなお子さん、偏ったエコロジストの方は見ないで下さい。(笑)
AutoPage最新お知らせ