2008/7/31

867:夏の思い出  

 「ぶっかけうどん」・・・器の中には冷たいうどんが入っている。その上に海苔、刻みねぎ、鰹節などがのっている。それに冷たいつゆ汁をかける。そして一気に食べる。具としててんぷらやとろろなどが入っているものも多い。

 この「ぶっかけうどん」が、この夏の個人的な「はやり」である。ここ最近の昼食は「ぶっかけうどん」が定番になった。「野菜天ぶっかけ」や「とろろぶっかけ」「鳥天ぶっかけ」などが人気である。

 多摩エリアにはうどん店が多い。「武蔵野うどん」と呼ばれる、地粉を使ったこしの強いうどんが定着しているのである。冷たいうどんを暖かいだし汁につけて食べるのが一般的である。しかし、暑い夏には冷たいうどんに冷たいつゆ汁をかける「ぶっかけうどん」が最適である。

 この「ぶっかけうどん」食べるのに時間はかからない。うどんは時間をかけずにさっと食べるのが粋というもの。特に「ぶっかけうどん」は若干乱暴気味に食するのが相応しい。

 「ぶっかけうどん」と同じく、この夏の「はやり」は、「チャ〜・シュ〜!ショット」と「NEW BMW 7シリーズ」である。「チャ〜・シュ〜!ショット」は昨日の記事で書いたが、2拍子でのゴルフスウィングである。「チャ〜」ですいっとテイクバック、「シュ〜!」でスムースにダウンスウィング。これにすると、なんとなく力まずに振りぬける。実戦で通用するか否かはまだ不明であるが練習場ではなかなか効果的である。

 もう一つの「はやり」である「NEW BMW 7シリーズ」は、最近雑誌やインターネットで見かけたNEW BMW 7シリーズの写真である。前回のモデルチェンジは極めて衝撃的であった。非難轟々のなか船出した現行7シリーズであるが、ビジネス的にはそこそこ成功し、そのデザインも時間の経過とともにある程度認められるようになった。

 そして今回のモデルチェンジであるが、前回のような革新的な要素はまったくない。まったくの「正常進化」なのである。多少「肩透かし」・・・しかし、よく見るとそのデザインは、有機的になったという印象を強く受ける。

 大きくなったキドニーグリル、陰影感を上手く演出するボディーサーフェイス、曲線基調が特徴的なリアのコンビネーションランプの造詣などに、有機的なうねり感が上手く表現されている。

 今年は、「ぶっかけうどん」「チャ〜・シュ〜!ショット」そして「NEW BMW 7シリーズ」が「夏の思い出」として記憶に残るような気がする。



2008/8/1  22:36

投稿者:tao

UNICORNさん、コメントありがとうござます。
讃岐うどんですか、しかも素うどんに醤油をかけて食べる。シンプルの極みですが、それだけにその味の素性が素晴らしければ素晴らしほど、極上の味わいを堪能できそうです。
うどんは「幸せ」をもたらしてくれます。なので美味しいうどん屋さんを見つけると、足繁く通うこととなります。

2008/8/1  10:07

投稿者:UNICORN

TAOさん、うどんと聞いて思わずコメント・・・・小生讃岐うどんで名がしれた四国高松の生まれです、うどんの食べ方で舌の記憶に残っているのはぶっかけではなく素うどんに醤油をかけて、そのまま食べた時の味です、高松/香川の隠れた名物は醤油なのです(和三盆も絶品!!徳島物と比べても舌の上での繊細感は別物です)、うどんの味と醤油の味&香りが口と頭の中でMIXされ得もいわれぬ感じに襲われます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ