2008/6/27

833:ESLの足  

 魅力的な女性の足は、ふくらはぎから足首にかけるラインがなだらかにアールを描く。そこに重みが感じられてはいけない。あくまで軽やかなカーブでなくてはならない。当然足首は細みで引き締まっている必要がある。

 QUAD ESLには足が3本ある。その足の具合はとても良い感である。実に軽やかさを感じさせる造形である。まったく重さを感じさせる要素がない。そして全体のデザインは、パネル面に緩やかな仰角が付くようになっていて、角にも丸みが持たされているので、独特の気品ある雰囲気を醸し出している。

クリックすると元のサイズで表示します

 ESLはその後ESL63が出て、さらにESL988、ESL2805と引き継がれる。それらを聴いた経験はないのであるが、物理的な特製や強度はきっと改善されているはずである。しかし、物理的に優れていても、ESLのあの独特の気品を越えることはできていないような気がする。

 今日はビンテージレストラン「hiro」を再訪した。私と同じく最近QUADの扉を開きその魅力に取り付かれ始めているyy90125さんとご一緒である。オーナーシェフであるhiroさんは前回同様実に様々な料理を矢継ぎ早に出してくれる。

 どれも独特の味わいに満ちている。QUAD 22 U、33 303、44 405-2でいただくESLやチャトワース、レッドの入ったVLZなどなど、その全てがその持ち味を存分に活かされた音で、音楽の様々な横顔を見せてくれる。

 そのなかで、今日のメインディッシュはやはりQUAD ESL。33 303で聴くESLはやや明るめの色調を帯びた爽やかで自然な質感の音で、空間表現は当然のことながら、陰影表現の幅も広い。

 アンプを44 405-2に換えると、その広い空間表現や自然な質感は維持しながら、陰影感はより濃い色合いに振れる。アンプそのものの色合いと奏でられる音の色合いが見事に一致しているのに驚かされる。33 303で奏でるESLの音からは、淡いグレーとおだやかなオレンジの色合いが感じられるのである。

 そして44 405-2にすると、その色調はグレーの色合いがより濃いしっかりしたものになり、統一感が感じられる。QUADに嵌った方はその多くが、44 405-2 、33 303、22 Uと全てのペアを揃え、さらにESLやESL63に向かう。そのQUADマニアの方の心情が、今日は痛いほど分かる気がした。

 私はQUADマニアの入り口に立っている段階であるが、「QUAD」と実にさりげなく書かれた扉を開けたことを、全く後悔していない。今日ESLを聴かせていただいて、その扉の向こうにおおきく踏み込む決心をしたからである。



2008/6/28  12:00

投稿者:ponta

今日は休出です。事務所からです。
QUAD かぁ‥。良さげですね〜。聴いてみたいですねぇ。うんうん。

2008/6/28  1:55

投稿者:hiroyuki azuma

どうもです。

板前走りのhiroです。

今日はご足労頂きました。その上、簡潔に興味の対象と感じられたことをまとめられている、その速攻、いやはや恐れ入りました。

QUADワールドへようこそ。
老いも若きも、その永遠なる(か?)、音の調べに一度は酔いしれてみるのも良いかもしれません。

特に、クラシック音楽が好きな方なら、是非一度ご賞味あれ。

今は、お客様が帰られて、マッキン+JBLでまかないをかっ込んでいます。

TAOさんは、ESLにいたく興味をもたれたようで、yy90125さんは、チャトワースを叩いて鳴りを聞いてみたりしながら、興味をもたれていたようで。それぞれの味覚にあうおもてなしができたのであれば幸いです。
ラージデッカのLPやQUADのCDの音もそれなりに、素材としては面白かったでしょうか?

TAOさんがお持ちくださった、食材も、今日の組み合わせには非常に相性が良かったようで、当方の準備したLPよりも楽しかったようにも思います。

さて、お話に出ていたお勧めのオーディオショップ、お店のオヤジは頑固者かもしれませんが、非常に良い腕を持った職人さんです。
ネットで公開しても良いとのことですので、ここにURLを書き込みます。

TAOさんは、もし興味があるものがあったら、hiroの紹介と言っていただければ、オヤジにはかわいがってもらっていますので、頑固オヤジが普通のオヤジになるかも。笑

オーディオサミットオカヤマ(オカヤマは漢字ではありません)倉敷市にある、ビンテージを得意とする腕のいい職人さんです。当方もQUADは、オーディオサミットオカヤマのオヤジに調整してもらったものを購入しています。
http://ww9.tiki.ne.jp/~hirosaka/index.htm

すでにいいものが出ていますぅ。ほしいぃ。hiroが欲しいのもあるから、買わないでね。笑

んでは

hiro

2008/6/28  1:43

投稿者:yy90125

Taoさん、こんばんわ。
お誘いいただきありがとうございました!

普段はソフト中心ですので、久し振りに(あるいは はじめて)時間をかけて機器の比較ができ、とても有意義な経験をさせていただきました。

帰りの電車の中で、聴かせていただいたようなビンテージ機器に対する愛着や敬意は一体どこから湧いてくるのか ということをなんとなく考えていました。

どの機器も共通して言えることは、使用している技術の把握や計算しつくしたセッティングなどの前提を満たさずとも、個々の世界観を以って音楽を楽しく聴かせてくれる。そこから生まれる親密さがもたらす感情なのだろうと自分の中で結論を出してみました。

普段お店で試聴する機器の音はすぐに忘れてしまうのですが、本日聴かせていただいたESL,チャトワース,VLZの個々のキャラクターはおそらく時間が経過しても忘れることはないと思います。

hiroさん Taoさん どうもありがとうございました!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ