2008/3/25

740:TARA LABS ZERO  

 我が家にはTARA LABSのケーブルが1セットある。スピーカーケーブルである。型番はPrism Omni2 Bi-Wire(BANANAS)8FT.、価格は26,000円。このケーブルを買うまで、実はTARA LABSというケーブルメーカー、全く見たことも聞いたこともなかった。

 実にいいかげんなのであるが、PSD T3のBi-Wire用にと、とりあえず切り売りケーブル並みに安いものを探していたら、ヤフオクで見つけたのである。価格の安さも手伝って購入に至ったわけであるが、思ったよりも良いのである。この価格でこの音であれば、万々歳である。

 そして、今日新たにTARA LABSのケーブルを聴くこととなった。そのケーブルは、TARA LABS THE ZERO DIGITAL 75CCI。TARA LABSのなかでZEROというのは最上位に位置づけされるシリーズ。一方私がスピーカーケーブルとして使っているPrismシリーズはエントリークラスである。

クリックすると元のサイズで表示します

 このZERO DEGITALは2階のデジタルル−ムに持っていって、CDP-MS1とSD05との間で試した。ZERO DIGITALはコレクトチャック式のプラグがついているのでしっかりと装着できる。見るからに高級感のあるいでたちである。現在使用中のサウンド・デザイン・ファン・クラブ特製のデジタルケーブルと比べると相当差がある。こちらは価格が1万円ポッキリであるからやむを得ないところ。

 さて、その音であるが一言で言うと「腰をぬかす・・・」。驚いてひっくり返る、というのとは違う。そういう意味での「腰をぬかす・・・」ではない。威圧的な要素はないのである。何故かしら耳が音楽にひきつけられて、椅子から立ち上がれない感じなのである。音が有機的で、音楽がうごめいている。繊毛運動をしている。

 その繊毛運動が気持ちよく、腰をぬかすのである。「このそわそわ感はなんだ・・・」今回k1xv1xさんからは、3種類のケーブルが刺客として送られてきたが、見かけ的には一番普通のこのTARA LABSが一番腕がたつ。このケーブルは、ぜひともTaoりたいところである。



2008/3/27  1:54

投稿者:k1xv1x

週末にオフ会を行われるようなのでケーブル類は、その後にでも送り返して頂ければ結構でやんすよ。TARA LABS、畏るべし!でも私のメインのJAZZ用だと、美音、繊細、有機的過ぎて、がっんと言うアタック感がもう少しあるとな〜、という感じです。でも、クラッシックには、このデジケー、情報量といい音楽の美味しさを感じさせてくれることといい稀有なケーブルですね。ちょっと他にはないですね、こんなケーブル。prismバイワイヤーは私も持っていますが、少し抜けきらない感じがするケーブルという印象でしたので、ZEROがまったくレベルが違うのには戸惑いましたです。

2008/3/26  22:13

投稿者:?

fj_nvさん、こんばんわ!
今週末は楽しい一日になりそうですね。アナログも2種類、デジタルも2種類、とっかえひっかえしながらの比較試聴って、オーディオ的にも面白いと思います。
あれこれ手を出してしまって、取り留めない状態ではありますが・・・

2008/3/26  22:09

投稿者:tao

k1xv1xさん、こんばんわ!
日本ではTARA LABSは、エントリークラスがわずかに輸入されるているだけのようで、ほとんど知られていないみたいですが、なかなか奥深い魅力に溢れています。
このデジタルケーブルは、出てくる音の質感がとても有機的で驚かされます。全く別の新たな音の扉を開いてくれかのような印象を受けました。

2008/3/26  19:07

投稿者:fj_nv

TARA LABS、デジタルケーブルもそんなに魅力的なんですね。
今度聴かせていただけるのでしょうか?楽しみです。
メール送りましたのでよろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/fj_nv

2008/3/26  3:50

投稿者:k1xv1x

驚かせて申し訳ございませんでした(汗、汗。
TARA LABSは、アメリカで多くのオーディオ評論家がレファレンスにしているようで、凄みなどとは違う、ハイエンドならではの心を捉える魅力がありますね。STEALTHやNBSなどとは、まったくケーブルと音楽に対するコンセプトが違うのに驚かされます。クラッシックには最適だと感じました。機会があれば、良いと評判のTARA LABS最上級スピーカーケーブル・オメガも聞いてみたいのですが、さすがお値段も1万ドル超ですので簡単には入手できませんです……。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ