2007/10/27

591:NBS ブラックラベル2  

 lmstさんとAkimitsuさんを立川駅北口に車で送っていった帰り道、「NBSって結構普遍的なバランスなんだ・・・」と独り言をポツリ。

 NBSというとどうしてもJAZZ向き、マッチョな感じ、ガテン系といった固定観念があって、その見た目の悪さからしてもいまひとつ真剣に聴いてみようという気になれなかった。しかし、今日lmstさんが持ってきてくれたブラックラベル2を聴かせていただいて、そういった固定観念は誤りであることに気付いたのである。

 今日はlmstさんとAkimitsuさんを我が家にお招きしてのOFF会。本当に盛りだくさんな一日となった。まずはメインスピーカーであるGERMAN PHYSIKSのHRS-120 CARBONを聴いていただき、続いてサブとして使っているPSD T3を聴いてもらった。デジタル、アナログ入り混じっての展開であった。

 その間、電源ケーブルの聴き比べも行った。ひとつはlmstさん持参のブラックラベル2、もうひとつはAkimitsuさん自作の銀単線ケーブルである。ブラックラベル2は音像を立体的に描き切り、誇張感のない自然な質感・・・相当レベルが高い。銀単線ケーブルはノンシールドケーブル特有の開放感があり、音像の描き方が濃い目で実在感アップ、こちらもレベルが高い。

 我が家の電源ケーブルはSTEALTHの使用率が高い。その音の質感は結構好きである。好きであるから増えてきてしまったのである。しかし、あまり同じメーカーのケーブルを多用すると多少バランスが偏る傾向があるのかもしれない。STEALTHは音の広がり感があり飛散する感じが華やかさというか軽やかさがあり、そこが好き嫌いの別れるポイント。

 私の好みからするとSTEALTHは向いているのであるが、音像の締まり感や実在感も両立できるともっと良くなるはずである。パワーかプリかにNBSを持ってくると、全体的に音楽が締まる。最新世代のNBSは見た目はやはりごついが、音の質感はより普遍的というかバランスが上手くとれている。

 今日のところはプリに持ってくるとその支配力が強くなってしまい、オーケストラが全てベルリンフィルになってしまう。緻密でチームワークがとれていて、同一方向に向かって一糸乱れぬ合い方である。これこれで魅力的ではあるが、もう少しすきも欲しくなる。パワーに使った方がその手綱使いはゆるやかになるのでこちらの方がいいかも。

 「NBSか〜これで価格がまっとうであれば・・・見た目の悪さには目をつぶるのだがな・・・」というのが正直な感想である。しかし、一旦聴いてしまうと「・・・」無言で腕を組んでしまうのである。

 そしてさらに最近アナログに押されがちなデジタルであったが、トランスポートに使うインシュレターをlmstさんが持参された新兵器を使うと、ぐんぐん魅力度を高めることが分かった。その内容については明日にでも・・・



2007/10/28  21:51

投稿者:tao

チューバホーンさんこんばんわ!
新兵器のインシュレーターについては今日の記事で紹介しましたが、これが本当に優れものでした。
ウッドブロックは1個400円と安いのですが、カーボン・インシュレーターは数がまとまらないと値がはりそうです。
組み合わせるウッドブロックの素材によりコロコロ音が変わるので、結構遊べます。

2007/10/28  8:24

投稿者:チューバホーン

おはようございます。
新兵器のインシュれーたーとは、今晩が楽しみです。
 リグナムバイタのサイコロはなかなかの実力派ですよ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ