2022/1/24

5807:チャーシュー  

 いつものように、ロングライドに参加する準備をほぼ終えたところで、テレビのスイッチをつけた。そしてリモコンで「8」を押した。

 6時半からは「はやく起きた朝は・・・」が始まる。この番組は、1994年4月に「おそく起きた朝は・・・」としてスタートし、その後2度の放送枠移動と、それに伴う改題を経て現在に至っている。

 1994年というと28年前ということになる。上の娘が産まれたばかりの頃で、子育て期間中に観ていて、愛着のある番組になっている。

 その最初のコーナーである「貴理子のお耳拝借」で、小河内ダムのことが紹介されていた。小河内ダムは、チームのロングライドでよく行く場所である。

 現在東京都の水道水は80%が荒川・利根川水系、20%が多摩川水系の水となっているが、昭和30年代までは多摩川水系の水がほとんどであった。

 磯野貴理子が多摩川の源流をたどり、自ら訪れた小河内ダムの写真、東京都水道局から借りた多摩川の最初の一滴が染み出している場所などの写真を紹介していた。

 普段よく行く場所がテレビで紹介されたりするとやはりなんだか嬉しいものである。「今日のロングライドはもしかしたら小河内ダムに行くかもしれないな・・・」とそんなことを思いながら、最後のコーナーである「美・アンジェリーナのはや起き三人占い」を観た。

 このコーナーは占いの内容よりも、ダジャレの方に注意が行ってしまう。今日のラッキーカラーは「朱色と茶色」、「ラーメンにトッピングするなら・・・?」
 
 「チャーシュー・・・!」といった具合である。比較的分かりやすいものもあるが、かなり無理くりなものもあって、思わず笑ってしまう。

 7時になったので、LOOK 785 HUEZ RSに跨って自宅を後にした。このフレームを導入してから3年以上の年月が経過した。

 今までは別にそういうルールを決めたわけではないが、概ね4年ごとにフレームを新調してきた。最初はCOLNAGO CLX、2台目はORBEA ONIX、3台目がKUOTA KHANであった。LOOK 785は4台目ということになる。

 「今までのパターンだと来年にフレームを新調したいところだけど、現在はコロナ禍により極端な品不足状態が続いているので、希望のフレームがあっても入手するのは難しいかもしれない。」そんなことを思いながら走り始めた。

 朝の走り出しはやはり寒かった。天気は曇りである。風は吹いていないが、気温は0度前後であろう。空気はきりっと引き締まっている。
 
 集合場所であるバイクルプラザに向かって走っていくうちに、指先が凍えてくる。インナーグローブと冬用の厚手のグローブの間には「貼るホッカイロミニ」を入れているが、気休め的な効果でしかない。

 集合場所であるバイクルプラザに着いた。今日の参加者は6人であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが3台、COLNAGO、TIME 、LOOKがそれぞれ1台づつであった。

 「今日、どこに行きます・・・?」とメンバーで話し合った。しかし、行先が決まらないうちに話が別の方に行ってしまう。

 「でっ・・・今日どこに行きます・・・?」と仕切り直すことが数回続いた。候補は三つに絞られた「時坂峠」「小河内ダム」「顔振峠」の三つである。

 そこで、「はやく起きた朝は・・・」で小河内ダムが紹介されていたことを告げた。リーダーもその番組を毎週見ているようで、「じゃあ・・・小河内ダムにしますか・・・」ということで決着した。

 6台のロードバイクは隊列を形成して走り始めた。今日の天気予報は曇り。雨の心配はないが、太陽の助けが期待できないので気温は低いままであろう。冷蔵庫の中のような空気の中、多摩湖サイクリングロードを走り抜けていった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ