2022/1/13

5796:参拝  

 天気が良かったからか、子ノ権現の広い駐車場には例年よりも多くの車が停まっていた。また、ハイキングに来ているグループの姿もあった。

 陽当たりが良い空いているスペースにブルーシートを敷いて、昼食タイムとなった。陽光が降り注ぎ、風もなかったので寒くはなかった。

 サポートカーからリュックを降ろして、その中からスニーカーを出してサイクルシューズから履き替えた。そして、昼食として用意していたおにぎりを食した。

 心配していた残雪は全くなく、少々拍子抜けというか、ほっとしたというか、とにかく怖い思いをすることはなかった。

 しばしの昼食アンド雑談タイムをすごした後、参拝することになった。ロードバイクを押しながら参道を歩いていった。

 本堂の脇には巨大な草鞋と2組の下駄のモニュメントがある。ここが撮影ポイントである。集合写真を撮った後で、順番にロードバイクを立てかけてスマホで撮影をした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、もう少し小高い場所にある鐘を突くために急峻な階段を登った。そして順番に鐘を突いた。住宅地にある寺では最近除夜の鐘を突くことができなくなってしまったが、ここは周囲に住宅はないので、突くことができた。

 展望台にもなっているその丘からは遠く都心の景色が見える。空気が澄み切っていればスカイツリーも見えるとのことであるが、私の視力ではその姿を確認することはできなかった。

 無事に参拝を終えて帰路につくことになった。帰路は南斜面コースを下っていく。南斜面を下る時にはいつも「後輪が浮くのではないのか・・・」と思えるような斜度のエリアがある。

 下り切ってしばし走った。左に曲がると山王峠に向かう交差点に達した。左折して少し行くと山王峠の上りが始まる。

 ミニバトルポイントである山王峠でも出せる範囲でパワーを上げたが、激坂ヒルクライムで脚を消耗しているので、その出力は控えめであった。

 乱れた呼吸を山王峠の頂上で少し落ち着かせて、その向こう側に下った。そしてもう一つの「デザート」である笹仁田峠にさしかかった。

 ここでもアクセルを踏んでエンジンパワーを上げた。しかしその出力が300ワットに達していた時間はほんのわずかで、その後はアクセルをべた踏みしても250ワット程の出力しか絞り出せなかった。

 笹仁田峠を越えて下った先あるファミリーマートで最後の休憩をした。店内に入って向かった先はスイーツコーナー。元旦に放送されていた「ジョブチューン」でファミリーマートはスイーツ部門で強みを見せた。1勝2敗であったセブンとローソンを抑えて唯一3連勝を飾ったのである。

 その3つの商品の一つであった「濃厚ショコラエクレール」を購入した。チョコの香りが鼻腔に心地良く、味はビターすぎず甘すぎずバランスがちょうど良い。200円でおつりがくる価格なのでCP抜群であろう。

 最後の短めの休憩を終えた。サポートカーから各自自分のリュックを取り出して背中に担いだ。そして最後の行程を走っていった。

 リュックによって押されたためか、腰に貼っていたホッカイロの暖かさが再び体に伝わってきた。「まだ暖かい・・・」そのありがたみは朝ほどではないが、ホッカイロの持久力に感心しながら走った。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ