2021/10/25

5716:疲労感  

 いつものように朝の6時に起きた。しかし体の状態はいつもとは違った。ずいぶんと体が重く、左ひざには少し痛みを感じた。

 昨晩はZwiftで「Road to Sky」を走った。「Road to Sky」は5kmほどの平坦コースを走ってから、「Alpe du Zwift」を延々と上るルートである。

 最初の5kmはアップ区間にちょうど良く、ゆっくりと走る。「Alpe du Zwift」の計測区間が始まると220ワット程の出力で走っていく。タイムは55分から60分ほどかかる。

 21個あるヘアピンカーブを順次越えていく。最初のカーブには「21」の数字が振られていて、その数字が減っていくのを心の支えにして走っていく。

 終盤になってくるとペースを上げていく。その際に一緒に走っている他のアバターと競ったりすると、結構ヒートアップしてしまう。

 長い「Alpe du Zwift」の終盤、「3」の数字が振られたカーブを曲がると、後ろからノルウェー人が抜いていった。

 残りが少なくなってきていたので、その後ろについた。その後はゴールまでデッドヒートが続いた。走り終えた後はげっそりと疲れ切った。

 その疲労感は翌朝になってもしっかりと残っていた。「まずいな・・・体がずしっと重い・・・脚にもまだまだ疲労成分が残っている感じ・・・今日のロングは辛いものになりそうだ・・・」と、思いながらベッドから抜け出た。

 回復にかかる時間は年々長くなっていく。今や1日2日では疲労感は抜けない。昨晩の疲れは、ほぼそのまま残っているように感じた。

 いつも通り準備を進めた。サイクルウェアは少し迷った。朝の気温は低い。10度ないほどであった。「結構寒いな・・・」と思った。

 サイクルウェアは長袖を選択した。レッグウォーマーも装着した。「ネックウォーマーも要るかな・・・」と迷ったが、装着することにした。

 朝の7時になったので、LOOK 785 HUEZ RSに跨って自宅を後にした。ウィンドブレーカーも着ていたが、走り出しは寒く感じた。

 多摩湖サイクリングロードを東へ向かった。朝の太陽の角度が随分と低くなってきた。冬になるとさらに角度が低くなる。そうなると東に向かって走っていくと眩しくて視界の確保が難しくなることがある。

 冷やかな空気のなかしばし走っていくと、集合場所であるバイクルプラザに着いた。今日の参加者は5名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが3台でCOLNAGOとLOOKが1台づつであった。

 今日の目的地は「都民の森」に決まった。ロングにおける定番コースの一つである。走行距離は往復で120kmほどになる。

 5台のロードバイクは隊列を形成して走り始めた。小平市内の市街地を抜けていった。何度か交差点を曲がっていくと、道は「玉川上水」に沿って続くようになった。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ