2021/10/24

5715:癖  

クリックすると元のサイズで表示します

 今週の木曜日は久々のゴルフであった。今年もコロナ禍によってゴルフコンペは全て中止になっているので、ゴルフの回数は極端に減った。今年5回目のゴルフであった。

 10月も終わろうとしているのに5回目ということは2ケ月に1回のラウンドペースということになる。

 来年はコロナ禍が落ち着く可能性が高いと楽観的に思っている。となると来年は例年通り20回近い回数のラウンドができるかもしれない。

 5回目のラウンドの舞台となったのは、飯能パークカントリークラブ。多少トリッキーであるが、変化があって面白いコースである。

 グリーンはベントであった。スティンプメーターは「9.0」と表示されていた。早すぎるということはないが、そこそこ早いグリーンであった。

 練習場にも行っていないので、スコアは期待できない。しかし、ゴルフ場に来ると「そこそこのスコアで回りたいな・・・」という身勝手な欲求が起こってくるのはいつものことである。

 INコーススタートであった。スタートの10番ホールは530ヤードのロング。朝一のティーショットは、右に曲がった。キャディーさんは「ワンぺナですね・・・ローカルルールでフェアウェイにまで出せます・・・」と告げた。

 ワンペナなので3打目をフェアウェイから放った。ボールはグリーンまで130ードほどのところに止まった。4打目はグリーンの左手前で転がった。5打目でようやくグリーンオンである。

 「2パットでダブルボギーか・・・」と思って、グリーンに上がった。しかし、なんとここから4パット。出だしでいきなり「9」と大叩きした。

 天気は晴天であったが、今日のゴルフの先行きには暗雲が立ち込めてきた。出だしで大きく躓いた。しかしその後はパーも出るがダブルボギーも出るという落ち着きのない展開が続き、INコースは「50」で終えた。

 もっとひどいことなるかと危惧されたが、まあどうにかこうにか終えた。後半はOUTコースである。昼食休憩を経て、後半のコースへ向かった。

 後半は落ち着いた出だしであった。1番ボギー、2番ダブルボギー、3番パーと来た。「後半はボギーペースの45ぐらいで回れるかな・・・」と思った。

 4番ホールは140ヤードのショートホール。ティグランドから見て左手前は工事中であった。一昨年の台風19号で土砂崩れが起きて、補修しているのである。

 その工事エリアにボールが入り込むとOBとなる。「まあ、気にしない・・・気にしない・・・」と思って8番アイアンを振った。するとボールはヘッドの端っこに当たった。ボールは工事エリア方向に弱々しく飛んでいった。

 気を取り直してもう1回ボールを打った。すると今度も再現フィルムを見るかのような結果となり、ボールは工事エリアに飛んでいった。2連発OBである。

 このホールは「7」。両肩ががくっと落ちてしまった。その後ガタガタと崩れていく可能性もあったが、5番から9番までの5ホールはどうにか持ちこたえた。

 後半のOUTは「47」。トータルで「97」であった。月に1回もゴルフができていない状況なので、100を叩かなかったから良しとすべきであろうか・・・

 「あのショートホールでの2連発OBがなければ、後半は43か・・・」と「たられば」をついつい頭に浮かべてしまう。

 さらに「出だしの4パットがなければ、前半は48。ということはトータルで91・・・」と都合の良いことを考えてしまう。

 ゴルフは結果を全て自分で背負わないといけない。それ故かついつい「たられば妄想」してしまうのは、私の悪い癖である。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ