2021/4/5

5513:あじさいの小径  

 先々週、先週と2週続けて日曜日は天候不良で、チームライドはバーチャルに切り替わった。今日の天気予報は、夕方から雨が降るというものであった。

 どうにか日中は天気がもちそうであったので、リアルでのロングライドが行われた。朝の6時にベッドから抜け出して、サイクルウェアに着替えた。

 気温は上がりそうなので、アンダーウェアを夏用の薄手のものに変え、レッグカバーも夏用のものにした。さらにグローブもハーフフィンガータイプにした。

 ロードバイクのタイヤに所定の空気圧になるまで空気を入れて、準備を完了した。6時半からはテレビで「はやく起きた朝は・・・」を観ながら、朝食を摂った。

 最後のコーナーである「美アンジェリーナの早起き三人占い」まで観た。このコーナー、占いの内容よりもかなり無理のあるダジャレの方が印象に残ってしまうコーナーである。

 テレビを消して、出かけた。LOOK 785 HUEZ RSに跨って久しぶりに外を走った。空気は春らしく柔らかい。

 多摩湖の堤防から「武蔵大和駅西」の交差点まで下っていった。その周囲にはソメイヨシノの木々があるが、もうすでに葉桜になっていた。

 普段は「武蔵大和西」の交差点から多摩湖サイクリングロードに入っていくが、今日は一般道を走っていった。

 幾つかの交差点を通り過ぎて走っていくと道はやがて「あじさいの小径」に入った。小平市美園町にある小さな小川用水に沿って走る小径である。あじさいの季節にはその小径の周囲にはあじさいが可憐に咲くようである。

 その「かわいらしい」と評したくなる小径を抜けて、多摩湖サイクリングロードに入った。するとすぐ前にチームメンバーの姿があった。

 「おはようございます・・・」と挨拶して、残りの工程を一緒に走っていった。天気予報は曇りであったが、雲の切れ間も見えていた。

 今日の参加者は7名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが3台、COLNAGOが2台、そしてLOOKが2台であった。

 7台のロードバイクはそのすべてが、カーボンホイールを履いていた。カーボンホイールのメーカーはカンパニョーロが4台にMAVICが3台であった。

 今日の目的地をどうするかを話し合って、定番コースの一つである「都民の森」に決まった。檜原村ではまだ桜が見頃を保っているとのことであった。 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ