2021/3/2

5478:パワーウェイトレシオイトレシオ  

 「TOUR OF FIRE AND ICE」のスタート地点はボルケーノエリアである。オレンジ色の色合いに染められたエリアでアバターはしばしの間アップしていた。

 するとカウントダウンが始まり、皆一斉にスタートした。半透明で光る固定式ローラー台から解放されて、10台のロードバイクは走り始めた。

 スタートから「Alpe du Zwift」の上り口までは14kmほどある。その間は多少のアップダウンがあるが、平坦基調なので負荷をそれほど上げずにトレインは進んだ。

 ボルケーノエリアを抜けて少し走ると「Jungle Circuit」に入っていった。コースの周囲にはマヤ文明的な石像や神殿が見えてくる。少し雑誌「ムー」を思わせる雰囲気に包まれる。

 私はスマホでZwiftに参加しているので、画面が小さく臨場感という点では今一つという感じである。

 メンバーはタブレットやパソコンで参加している方が多い。「もう少し画面が大きい方が臨場感が上がり、さらに画像の解像度も良くなるので、結構周囲の景色に埋没できるのかもしれない・・・」そんなことを思いながら、その特徴的な景色の中を走っていった。

 今日は「Alpe du Zwift」の上り口まで到着したら、少し休憩して今日のメインディッシュである「Alpe du Zwift」に向かうことになっていた。

 その上り口に到着した。「手前で止まって少し休憩しましょう・・・」ということになり、脚を止めてロードバイクを降りた。

 トイレ休憩を済ませて、部屋の窓を開けた。冷やかな空気がすっと流れ込んできた。後半は延々とヒルクライムが続くので、相当に汗をかくことになる。この冷ややかな空気が多少の冷却効果をもたらすはずである。

 小休止を終えて、いよいよ今日のコースの後半へ向けて走り出すことになった。ZOOM上のリーダーの画像の下にはタイマーがセットされている。

 今日は「Alpe du Zwift」を2分ごとに先頭交代して走る予定であった。このタイマーの登場は2回目である。

 前回は登場したのは「Ventoux KOM」を走った時である。その時には2分30秒にタイマーはセットされていた。

 今回は30秒短縮されて2分となった。その分だけ少し気が楽になった。先頭を引いている間はパワーウェイトレシオ「4」ぐらいで走る。私の体重の場合、270ワット程になる。

 先頭を引く回数は4,5回にはなるであろう。2分間のハードワークを終えると脚を止めて、後方に下がる。クランクを回していると次に先頭に出るメンバーをブロックしてしまうので、アバターは完全に止まり左足を地面に着いた状態で一番後方まで下がる。

 そして2分ごとに前に移動していって再びパワーウェイトレシオ「4」の世界に突入するのである。

 「Alpe du Zwift」を走り始めた。先頭を引くメンバーはZOOM上の画面からも頑張ってパワーを上げている様子が窺えた。

 2分ごとに私のポジションも上がっていく。「次の次か・・・」から「次か・・・」に変わり、先頭を引くメンバーに「残り30秒です・・・」とZOOM上で告げた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ