2021/2/28

5476:Mame  

 「超結界・豆」・・・その製品名を目にした時「やっぱり、そういうネーミングね・・・」と妙に納得した。

 「Ge3」の製品名は確信犯的に怪しいネーミングをあえて選択する。そのネーミングのために一般的なオーディオマニアからは鼻で笑われてしまい端から相手にされなくても構わないという決意の表れであるのかもしれない。

 「『超結界・豆』か・・・いっそのこと『超けったいな豆』というネーミングにしてしまった方が突き抜けた感じがしていいのかもしれない・・・」そんなことを思いながら、紙製のパッケージに入れられたその「豆」を眺めた。

 懇意にしているレコードマニアでありオーディオマニアでもあるAさんは、Ge3の製品のヘビーユーザーである。Ge3を主宰されている方とも親しく、新製品の試作品ができると自宅に送られてくるようである。

 「こんなもんできたんだけど・・・意見聞かせて・・・」ということのようである。その流れでこの「超結界・豆」も試作品の段階でAさんのもとに送られてきた。

 その時にはまだ正式な製品名は決まってなく「豆のようなもの」ということで送られてきたようである。

 「オーディオ機器の天板やスピーカーのキャビネットなどに貼り付けてみて・・・」とのことである。

 その大きさは名前の通り小さい。「豆」というよりも「カプセル入りの薬のサイズ」と言った方がその大きさと形状が分かりやすいかもしれない。

 その「豆のようなもの」が送られてきたばかりの頃合いに、Aさんのお宅にお伺いしたので、その効果のほどを検証する機会に恵まれた。

 レコードプレーヤーからプリアンプ、パワーアンプ、そしてスピーカーのキャビネットに1個づつセットされていたようである。小さいものなので、ぱっと見にはそれとは分からない。

 「豆のよなもの」がセットされた状態で様々なレコードを聴かせていただいたのであるが、以前よりもより生々しさが増し、演奏家のボディーがそこにあるという感じ、いわゆる実在感がぐんと上がったのが印象的であった。

 Aさんからは「もうじき正式に発売されるようだから、すぐに購入した方がいいよ・・・」とのご推奨をいただいた。

 我が家にはそのようにして「推奨」を受けて幾つかのGe3の製品が導入されている。残念ながらあまりに見た目が悪いので採用されなかったり、一旦は採用されたが、妻が気味悪がるために撤去せざる得なかったものも過去にはあった。(リスニングルームは私のオーディオと妻のピアノが同居しているので、妻の意見を無視するわけにはいかないのである。)

 その点「超結界・豆」はとても小さいので、その存在感も小さい。「なにこれ・・・気味が悪いからどけて・・・」と妻からの非難の的になることはないであろう。

 10個で11,000円(税込み)。色は黒と赤がある。私はより目立たない黒を選択した。とりあえず試しにと、オーディオ機器の天板に1個づつ置いてみた。

 中には特定の鉱物を砕いた粉が一定の配分比率に従って封入されているとのこと。理論的なことは全く不明な「オカルト」ではあるが、その効果のほどを検証してみると、Aさんのリスニングルームでも体験したような変化がしっかりと感じられた。

 Ge3を主宰されている方によると、Ge3の製品がもたらす効果を体感できる人の比率は20%程とのことであるが、どうやら私はその少数派に属するようである。聴感上の明らかな変化が体感できた。

 「やっぱり『超けったいな豆』だな・・・」そう感じた。「豆」ではあるが、新進気鋭のファッション・デザイナーである黒河内真衣子が主宰するブランド「Mame Kurogouchi」の服のように印象的で鮮やかな質感を持った方向に、オーディオの音を変化させる「妙薬」でもあるようである。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ