2020/12/28

5410:走り納め  

 この時期、朝早くベッドから抜け出るのは、ちょっとした踏ん切りが必要である。ベッド中はNウォームの敷パッドと毛布が活用されて、恐ろしく快適で暖かい。その極楽状態から自分の意志で抜け出すことになるからである。

 今日もそのようにして意を決してから、ベッドから抜け出た。朝の6時ごろはまだ外は暗い。1階のリビングに降りて行ってサイクルウェアに着替えた。先週からは真冬仕様のサイクルウェアを選択している。

 朝食には、「治一郎」のバウムクーヘンを一切れと、食パンを1枚摂った。「治一郎」のバウムクーヘンは有名とのことであったが、私は初めてであった。確かにおいしかった。有名なのも納得のレベルである。

 LOOK 785 HUEZ RSのタイヤに空気を入れて、ほぼ準備は完了した。そこで、6時半からフジテレビでやっている「はやく起きた朝は・・・」をゆっくりと観た。

 「はやく起きた朝は・・・」を最後まで観終わってから、LOOK 785 HUEZ RSに跨って自宅を後にした。

 今日はチームでのロングライドの走り納めである。今年はコロナウィルスに翻弄された1年であった。

 チームでのロングライドも半年ほどの期間中断された。その間はZWIFTとZOOMを活用したバーチャルチームライドを行った。

 このバーチャルチームライドは、これはこれで独特の楽しさがあった。しかし、やはり実走による爽快感は格別であることも、半年後の再開時に感じた。

 多摩湖サイクリングロードを西から東に向かって走った。マスクをしながら走っていると困るのは、サングラスが自分の息で曇ることである。

 走っているときは空気が流れるので曇らないが、信号で止まるとあっという間に白くなり視界が悪くなる。

 信号で止まっ時には、サングラスを一旦外し、走り始める直前にまた装着した。そんなことを何度か繰り返していると、集合場所であるバイクルプラザに到着した。

 リーダーに「サングラスが曇らないスプレーってありますか・・・?」と訊くと「BBB Lenz Clean」を紹介してくれた。これを1本購入して早速試してみた。

 こころもち曇りずらくなったかもしれないが、根本的な曇り解消にまでは至らなかった。何度か繰り返し使っていると、その効果が高まるのかもしれない。

 今日の参加者は7名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが4台、LOOKが2台、そしてCOLNAGOが1台であった。

 走り納めの目的地は定番の「正丸峠」に決まった。7台のロードバイクは隊列を形成して、スタートした。

 多摩湖サイクリングロードを西へ向かった走り抜け、青梅街道に出た。風はなく陽光も降り注いでいたが、気温は6度ほど。極寒ではないが、寒さはこの時期らしいものであった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ