2020/11/30

5382:シューズカバー  

 ここ数日は寒い日が続いていた。その流れを受けて今日も寒いとの予報であった。最低気温は5度ほどで、最高気温は13度とのこと。

 サイクルウェアを選択する際に天気予報は気になるところである。天気予報を確認してから、サイクルウェアを選んだ。

 インナーは冬用にして、長袖のサイクルウェアを選択。ネックウォーマーとレッグウォーマーは当然装着した。ウィンドブレーカーを着用して完成である。

 「それでも走り出しは寒いだろうな・・・」と思いながら、暖房が効いていて暖かいリビングルームで「はやく起きた朝を・・・」を観ていた。

 「美・アンジェリー先生の早起き3人占い」のコーナーが終わってから、テレビのスイッチをOFFにした。

 ヘルメットをかぶってサングラスを装着した。SIDIのサイクルシューズを履いて、そのサイクルシューズの先端部分を覆うシューズカバーを付けた。

 そして、LOOK 785 HUEZ RSに跨って冷たい空気の中に飛び出していった。「武蔵大和駅西」の交差点に向けて下っていくと、冷たい風が全身を覆った。

 「やはり、寒さが本格的になってきたな・・・」と思いながら多摩湖サイクリングロードに入っていった。

 西から東に向かって走った。太陽は先週よりも少し角度が下がったようである。陽光は真正面から向かってくる。時折オレンジ色の光で視界が遮られる。気を付けながら走っていった。

 集合場所であるバイクルプラザまでは7kmほどである。20分ほどゆっくりめのペースで走っていくと、着いた。

 今日の参加者は7名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが4台、COLNAGOが2台でLOOKが1台であった。

 今日の目的地は、チームでのロングライドの定番コースの一つである「都民の森」に決まった。ゴールである「都民の森」の標高は、1,000mほどである。「きっと寒いであろう・・・」と予測された。

 7台のロードバイクは隊列を形成して走り出した。小平市の市街地を走り抜けていった。陽光が当たるエリアであれば少し暖かさを感じるが、日陰はまだまだ冷え冷えとしていて、なかなか体は暖まらなかった。

 何度かカーブを曲がり、西武多摩湖線の踏切を渡って行って、玉川上水に沿った道に出た。玉川上水の両脇には木々が植えられていて、落ち着いた雰囲気を湛えていた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ