2020/11/26

5378:ハイペース  

 正丸峠を上り終えて、峠の道標の前で恒例の記念撮影を済ませた。陽光はたっぷりめであったので寒くはなかったが、下りが続くので念のためウィンドブレーカーを着用した。

 5台のロードバクは正丸峠を下り始めた。下り終えて山伏峠の短い上り返しを走った。頂上を逆から越えて長い下りを下って行った。

 下りでは風を強く受ける。ウィンドブレーカーは風を受けてバタバタと音を立てていた。下り終えて、少し行った先にある新井不動尊に立ち寄った。ここは「不動の名水」と呼ばれる名水が出ている。それをボトルに入れた。

 その後先頭交代を繰り返しながら山間の道を進んだ。帰路にはミニバトルポイントが二つある。「山王峠」と「笹仁田峠」である。

 最初の「山王峠」に向かうため交差点を右折した。緩やかに道は上昇に転じる。早めのペースで峠道に入った。

 本格的に斜度が上がった。山王峠は短い。距離が短いので負荷が上がる。上り始めは300ワットぐらいで上り、中盤は280ワットほどで粘り、ゴールが見えてくると一気に350ワットまで上げる。山王峠については短かったからか、ほぼ普段通りの出力で走りきれた。

 その向こう側に向かって下っていき、鄙びた風景の中を走った。疲労感は結構な量感で体を覆っていたが、脚はどうにか回っていた。

 いくつかのカーブを曲がっていくと、次なるバトルポイントである笹仁田峠に達した。笹仁田峠は峠と呼ぶにことが憚れるくらいに緩めの斜度である。丘陵とでも呼ぶべきものかもしれないが、高速で走るとその疲弊度は結構高い。

 緩やかに上り始めるとペースはぐっと上がった。序盤から300ワットぐらいまで上がった。どうにかこうにかついていったが、さらにペースが上がったので、先頭集団から離れてしまった。

 普段は前半は270ワット程で走り左にゴルフ練習場が見えてくると300ワットまで上げて、ゴール手前200メートルほどの距離はラストスパート態勢に入り350ワットまで出力をあげるが、今日はそのパターンでは走れなかった。

 最初から高出力状態であったので、中盤では出力が下がっていき、最後のラストスパートもキレにないものになってしまった。

 笹仁田峠の向こう側に下っていった先にあるファミリーマートで昼食休憩をした。昼食に選択したのは「和パスタ あさりときのこ」である。落ち着いた味わいで、紅葉の季節にふさわしいものであった。

 コンビニ休憩を終えて、今日のロングライドの終盤を走った。皆疲労度は高いはずであるが、結構なハイペースで走った。

 いつもの東大和市のセブンイレブン近くで隊列から離れた。自宅に着いて時刻を確認すると普段よりも早い時間であった。「今日は全般的にハイペースだったからな・・・」と思いながら、ロードバイクを玄関の中に入れた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ