2020/11/24

5376:快速  

 5両編成のトレインは、多摩湖サイクリングロードを抜けて、青梅街道に入った。空気はひんやりとしていたが、陽の光が降り注いでいたので、ウィンドブレーカーを着ていると、徐々に暑くなってきた。

 青梅街道をしばらく走ってから、岩蔵街道へ向けて右折した。ペースは「快速」であった。平担路を走っている間は、マスクを着用している。

 使っているマスクは、パールイズミ製である。一般的なマスクに比べて呼吸が楽である。しかし、ヒルクライムになるとさすがにマスク着用では呼吸が苦しい。その時のみは下にずらすことになる。

 圏央道の青梅インターの下を抜けていってまっすぐに走った。笹仁田峠を越えて下っていくと岩倉温泉郷へ向かう分岐点に達する。その道を右に入って小さな温泉郷を抜けた。

 県道にぶつかって右折した。その先の信号を左折して抜け道に入った。この抜け道は日陰部分が多く、冬には体が冷えるエリアであるが、今日はそれほど寒くはなかった。

 抜け道を終えると最初の休憩ポイントであるファミリーマート飯能上畑店が見えてくる。そこへ向かって進んでいった。

 広い駐車場に入っていき、このファミリーマートの脇にある古い蔵の前にロードバイクを立てかけた。

クリックすると元のサイズで表示します

 補給食には、アメリカンドッグを選択した。ケチャップとマスタードが同時に出てくる小さな容器からそれらを絞り出して、アメリカンドッグにつけてからかぶりつくと、ほんわかする味わいであった。

 ここでウィンドブレーカーを脱いでサイクルジャージの背面ポケットに入れた。この先は上り基調である。

 コンビニ休憩を切り上げて、山伏峠の上り口である名郷を目指してリスタートした。名郷へ向かうルートは二つある。一つは「山王峠ルート」で、もう一つは「小沢峠ルート」である。

 比較的負荷の低い「山王峠ルート」を選択した。山王峠を越えて下っていき、突き当りの交差点を左折した。

 名栗川に沿って続く県道の周囲は緑の比率が高い。それらの木々は所々色づいていた。三連休の中日である今日、車は普段よりも少し多めであった。

 山間の道を進んでいくと、ようやく名郷に着いた。ここはバス停があり、そのバス停の脇には公衆トイレがある。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ