2020/7/31

5258:ブツ  

 先月発注したインフラノイズのDACU-500とAACU-1000は、なかなか自宅に届かなかった。「とても小さなメーカーであるので、製造に時間がかかるのであろうか・・・」と思っていた。

 もう頼んだことを忘れかけた頃、メールが来た。すでに発注から2ケ月近い時間が経過していた。「商品の準備ができましたので、7月30日着で発送します」という内容のメールであった。

 インフラノイズのDACU-500の存在を知ったのは、大川さんのお宅でのことであった。大川さんのお宅のCDトランスポート(ORACLE CD-2000)とDAコンバーター(Zanden Model5000)とを繋ぐデジタルケーブルにDACU-500を接続すると、音の佇まいが滑らかになり、デジタル的な音の無機質感がずいぶんと和らいだ。

 「これは良い・・・!」とばかりに早速DACU-500を発注した。その時は今回のように長く待たされることなく製品が届いた。

 DACU-500はCDトランスポート側にもDAコンバーター側にもどちらにも接続可能であるが、メーカーの説明書通りDAコンバーター側に接続したほうが結果は良かったので、我が家ではDAコンバーターの入力プラグに接続して使っている。

 その後、チューバホーンさんのお宅で大川さんも交えて3人で行った実験(チューバホーンさんも大川さんもDACU-500とAACU-1000を1本づつお持ちであったので、それを持ち寄っての実験であった)では、DACU-500をダブル使い(デジタルケーブルの両側にDACU-500を接続する)は、結果が良かった。

 AACU-1000に関しては、単体で使う分には良い効果が得られたが、何故かしらダブル使い(DAコンバーターとプリアンプを接続しているRCAケーブルの両側にAACU-1000を接続する)にすると結果は思わしくなかった。

 その時3人は「DACU-500をダブルで使い、AACU-1000はシングルで使う・・・これがベストでしょう・・・・」という結論に達したのであった。

 そこで私もDACU-500を1本、さらにAACU-1000を1本、発注したのであった。しかし、待てど暮らせど「ブツ」は来なかった。

 その「ブツ」がようやく届いた。「おう、やっと来たか・・・」という感じで、小さめの段ボール箱を開いた。

 そして二つの小さな「製品」を取り出した。「まずはDACU-500のダブル使いから試してみるか・・・」と思い、その細長く小さなDACU-5000をCDトランスポートのデジタル出力端子に接続した。そしてそこにデジタルケーブルを接続した。

 これでデジタルケーブルの両サイドにDACU-500が繋がった状態となった。チューバホーンさんのお宅でこのダブル使いを試してみた時には、サウンドステージが広がった。特に奥行き方向に広がった感があった。

 チューバホーンさんも大川さんも私もクラシックがメインジャンルであったのでこの後方展開能力は魅力であった。音が前に出てほしい人にはこのダブル使いは向かないと思われた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ