2020/4/29

5163:オイル  

 BMW純正のエンジンオイルに交換された2.OL 直列4気筒エンジンは実に滑らかに回った。BMW純正のオイルはロングライフオイルとのことで、一般的に言われている走行距離5,000kmごとの交換の必要ないと、ディーラーは説明する。

 従来は車が搭載するコンピューターが走行距離等の一定の基準に基づいて計測して交換時期を知らせてくれた場合にのみ、ディーラーに赴いて交換していたが、知り合いの方から「エンジンオイルはディーラーの基準よりも頻繁に交換したほうが良い・・・それもできれば良いオイルで・・・」とのアドバイスを受けたことから、5,000kmを目安に交換するように変更した。

 一度1L6,000円の価格の性能が良いとされるエンジンオイルを使ってみた。確かにその効果はあった。その後さらに5,000km走行後、4Lで6,000円という標準的な価格のエンジンオイルに交換した。

 単純計算で1L当りの価格は4倍の開きがある。その性能面での差は価格差なみにあるのであろうか・・・確かに差はあるような気がしたが、目くじら立てて言うほどの差ではなかった。少なくともドライバー以外の同乗者には感知できないであろう差であった。

 BMW純正オイルの価格が1L当たりいくらなのかは分からない。新車保証延長サービスを新車購入時に申し込んだので、納車から5年間は車のコンピューターの指示に従って行われるエンジンオイルの交換は無料なので、明細書にオイルの価格の記載はないからである。

 さて、そのBMW純正オイルの印象であるが、「かなり良いな・・・さすがに純正だけある・・・」と納得のものであった。

 より滑らかに感じられるエンジンの質感に頬を緩ませながらハンドルを握っていた。「オイルといえば、もう一つのオイルもそろそろ交換時期だな・・・」そう思いながら自宅へ向かった。

 もう一つのオイルとはレコードプレーヤーの軸受オイルである。当初はORACLE 純正オイルを使っていた。

 その後、ものは試しとスクラワンオイルを使用してみた。かなり良い印象を受けた。さらに和光テクニカル ハイテク軸受けオイル チタンも試してみた。これもまずますといいう印象であった。

 軸受オイルは月に1回の頻度で交換する。使用量は極く僅かで価格も高いものではないので、車のエンジンオイルよりも気楽に交換できる。

 月末近くなると交換するようにしていた。「家にたどり着いたら、交換してみよう・・・」と思いながらアクセルを軽く踏み増した。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ